ブログのアクセスアップの方法は簡単!増えないときにやるべき3つのこと

こんにちは、朝日奈です。

『ブログ毎日書いてるのにアクセス増えないなあ・・・』と悩んでいませんか?

ブログを始めたばかりの頃って、『このまま続けて本当にアクセス来るのかな?』とか『アクセスが来る感覚がわからない』という状態になりますよね。

そこで、王道のアクセスアップ手法をご紹介します。

アクセスはどこから来るのか

まず考えないといけないのが、そもそもアクセスはどこから来るのか、ということです。

適当に記事を書いて投稿ボタンを押すと、誰かが読んでくれる!なんてことはありません。笑

ちゃんと自分の書いた記事が誰かの目にとまるように工夫しないといけません。

それはどうすればいいのか?というと、検索エンジンからのアクセスを狙うのです。

検索エンジンとは、GoogleやYahoo!などが提供しているサービスで、キーワードを入力すると、その内容に沿った検索結果を表示してくれます。

あなたも一度はスマホなどで検索したことがあるはずです。

この検索結果にあなたのブログを表示させることができれば、アクセスが来るというわけですね。

ブログのアクセスは、ほぼ検索エンジンからやってきます。

もちろん、優れたコンテンツを作ればSNSで拡散させてアクセスが来ることもあるかもしれませんが、初心者がいきなりそれを狙うのは再現性が低いです。

有名人でもない限り、SNSでアクセスを安定させるのは極めて難しいでしょう。

ですが、検索エンジンなら、普通の人でもアクセスを大量に集められ、長期安定的に収益を稼ぐことができます。

なので、検索エンジンからのアクセスを意識して記事を書くようにしましょう。

アクセスアップにはSEOを意識する

SEOとは、検索エンジン最適化と呼ばれるもので、自分のブログを検索結果の上位に表示させるための施策のことです。

こう書くと難しく聞こえるかもしれませんが、やることは簡単です。

  1. SEOに強いブログを作る
  2. 読者のためになる記事を書く
  3. 内部リンクを貼る

この3つを意識することで、SEOが強くなり、アクセスアップにつながります。

ひとつずつ見ていきましょう。

SEOに強いブログを作る

『はてなブログ』や『アメブロ』など、簡単に始められる無料ブログはたくさんありますが、本気でアクセスを集めたいなら無料ブログは使ってはいけません。

規約が厳しいとかアフィリエイトの制限があるとかカスタマイズが不便とか色々理由はありますが、最も大事なのがSEOに弱いという点です。

そのため、無料ブログで一生懸命記事を書いてもなかなか上位表示されず、アクセスが一向に来ないという状況に陥ってしまいます。

なので、書いた記事を無駄にしないためにも、SEOに強いブログを作る必要があります。

それが、WordPressというものです。

WordPressはSEOに強い内部構造になっていて、無料ブログよりも上位表示させやすいのです。

WordPressの詳細はこちらにまとめていますので、ぜひご覧ください。
関連記事ブログのおすすめサービスで初心者にも使いやすいのは?アフィリエイトするなら無料はダメ?

読者のためになる記事を書く

アクセスアップのためには、読まれる記事を書かないといけません。

読まれる記事とは、需要があって読者が欲している記事のことを指します。

検索エンジンを使う人(ユーザー)は、何か疑問を解決したくて検索ワードを入力し、そこに表示された検索結果の中から、自分が欲しい答えが載っていそうな記事をクリックします。

つまり、読者が欲しがっている答えを書けばいいのです。

そこで重要になるのが、キーワード選定です。

キーワード選定とは、ユーザーがどんな言葉を使って検索するかを想像し、探し出すことです。

例えば『アイスティー 作り方』のような、言葉の組み合わせですね。

検索されそうなキーワードを見つけて、それに関する記事を書くことで、読まれるブログに育ちます。

SEOの基本は、検索キーワードを見つけて、検索者が求める答えを丁寧に記事にしてあげることです。

それができれば、上位表示され、読まれるようになり、アクセスアップにつながります。

ここで大事なのが、需要のあるキーワードを見つけるということです。

需要がないキーワードで記事を書いても、検索されないのでアクセスが来ません。

また、上位表示させるには、ある程度の質も必要となるので、ライバルサイトよりも優れたものを書くこともポイントとなります。

この辺は理屈で説明するよりも具体的な手順を見てもらった方が理解しやすいと思います。

こちらの記事にやり方を詳しくまとめましたので、ぜひ参考にしてください。
関連記事ブログアフィリエイトの始め方!初心者が月収10万円稼ぐコツと仕組みを大公開!

内部リンクを貼る

内部リンクとは、ブログ内の他の記事に誘導するリンクのことです。

この記事中にも、関連記事としてところどころに内部リンクを貼っています。

ちなみに、自分のブログ以外の記事を貼ることを外部リンクと言います。

ブログ内のリンクかブログ外のリンクかというだけの話ですね。

アクセスアップのためには内部リンクが重要です。

なぜなら、ひとりの読者に複数のページを見てもらえれば、それだけでアクセスが2倍3倍と増えていくからです。

アクセスの指標には、PV(ページビュー)とUU(ユニークユーザー)の2種類があります。

PVとは、記事を読まれた総回数のことで、例えば100PVなら、100回読まれたということです。

UUとは、あなたのブログに訪れた読者の数で、100UUなら100人の人が読んでくれたということになります。

なので、100PV・100UUだとしたら、1人1記事読んだ計算になりますね。

100PV・50UUなら、1人2記事読んでくれたことになります。

良いブログとは、1人の読者が何記事も読んでくれるものです。

すぐに離脱されず、長時間滞在して記事を読んでもらえるブログは、SEOの評価が上がります。

すると、さらに上位表示され、アクセスが集まり、さらに評価が上がって・・・と好循環になっていきます。

内部リンクの貼り方はとても簡単で、その記事に関連する内容の記事を記事中や記事下に貼っておくだけです。

記事下に関連記事を自動で表示してくれるプラグインもありますが、自分で選んで貼ったものの方がクリックされやすいです。

自動よりも目視の方が関連性の高いものを選べますしね。

簡単な施策なのでぜひ試してみてください。

継続しないとアクセスが伸びない理由

よく、ブログは継続するのが大事、とりあえず100記事書こう、と言われます。

なぜ継続するのが大事かというと、SEOが強くなるのに時間がかかるからです。

なので、それまでは毎日記事を更新するのが理想です。

僕も毎日とはいかないまでも、時間があるときに更新して、300記事到達したあたりで月収10万円を超えることができました。

ただ、正直うまくやればもっと少ない記事数で稼げたと思います。

これは自分のスキルに関わってきます。

やっぱり初めてブログをやるときって、どんなネタがアクセス来てどんなネタがアクセス来ないかがわからないんですよね。

ライバルサイトの強さとかも、実際に記事を書いてみないとわからないんです。

実践に勝るものはありません。

自分自身のスキルアップにも時間がかかるため、継続することが大事なのです。

キーワード選定や記事作成のスキルが高まっていけば、少ない記事数でも稼ぐことはできます。

しかし、スキルのない状態ではそれをいきなり目指すのは逆に効率が悪いので、まずは数を打って当てる練習をしましょう。

読者ファーストで!

ブログのアクセスアップは結局のところ、読者が求めるものを書いて、役に立つブログを作ることが全てです。

アクセスを集めたいがために炎上するような記事を書く必要はありません。

そんなことやってるとアンチが湧いて精神的に持ちませんし、あなたのブランディングが崩壊します。

再現性も低いですし、一過性のものでもあるため、長期安定的に稼ぐのであれば検索エンジンからのアクセスを狙うのをおすすめします。

ブログとは、読んでくれた人の役に立つ記事を書くもので、決して好き勝手に書くところではないのです。

ただ、自分の好きなことや得意なことを活かして記事を書くのは有効です。

さらに、読者のターゲットを考えたりコンセプトを考えたりすれば、読まれるブログに育つでしょう。

どんな内容を書けばいいかはこちらの記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。
関連記事ブログの内容は何を書くのがおすすめ?ジャンルの決め方とコンセプトの考え方!

また、僕のメール講座では、稼ぐブログの運営方法や考え方などを発信していますので、ぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です