キーワード選定のコツを覚えてブログアフィリエイトで月収10万円稼ぐ方法!

こんにちは、朝日奈です。

ブログアフィリエイトで稼ぐためにはキーワード選定が重要なのですが、「なんとなく」でやっていませんか?

明確な指標がないので、どうしても感覚的にやってしまいがちですよね。

ですが、どれだけ上級者であってもキーワード選定には力を入れていて入念なリサーチをするくらいなので、僕たちもキーワード選定をおろそかにしてはいけません。

キーワード選定のコツは需要があってライバルが弱いキーワードを見極めること。

この記事では、ブログ初心者でもできるキーワード選定のコツをお伝えします。

キーワード選定がうまくなれば、アクセスを集めることもアフィリエイトで稼ぐこともできますので、ぜひマスターしましょう。

キーワード選定のコツ

キーワード選定の目的は、アクセスが集まりやすいキーワード、もしくは売れやすいキーワードで、上位表示させることです。

上位表示させるには、次の2つのポイントを押さえておくことが大切です。

需要があること

需要があるキーワードで上位表示できると、たくさん検索されるのでたくさんの訪問者がやってきます。

逆に、需要がないキーワードで上位表示しても、検索されないので訪問者もやってきません。

特にGoogleアドセンスで稼ぐ場合は、アクセス数が最も大切ですので、需要があるキーワードを狙うようにしましょう。

ライバルが少ないこと

検索エンジン上にはすでにたくさんのサイトが存在します。

その中にはクオリティの高い記事もありますし、人気のキーワードは企業がこぞって狙っているので、そこに初心者が参入しても勝ち目はありません。

検索エンジンは相対評価なので、読者に最も価値があると思われる記事を上位表示します。

そのため、初心者が参入するならライバルが少ないキーワードを狙うことが重要です。

ライバルが少なければ上位表示も難しくありません。

アクセスを集める2つのポイント
  • 需要があること
  • ライバルが少ないこと

キーワード選定の手順

これまでお話ししたように、ブログでアクセスを集めるには記事の良し悪し以前にキーワード選定が大切です。

キーワード選定ができていなければ、せっかく書いた記事も読まれません。

ここからは具体的にキーワード選定の手順をご紹介していきます。

3語キーワードを狙う

3語キーワードとは、「iPhone8 ケース おしゃれ」のように3語で構成されたキーワードのことです。

Yahoo!の検索結果の下にもよく出てきます。

例えば、「iPhone8」という1語キーワードを想像してほしいのですが、この1語だとライバルサイトがたくさんあるので上位表示するのは厳しいです。

「iPhone8」ってすごく人気のスマホですしね。

ですが、「iPhone8 ケース」の2語なら「iPhone8」よりもライバルが少なくなりますし、「iPhone8 ケース おしゃれ」の3語ならもっとライバルが少なくなります。

このようにキーワードの語数が増えるほどライバルが減っていくので、まずは3語キーワードを狙っていくのがおすすめです。

ちなみに、「iPhone8」をメインキーワード、「ケース おしゃれ」を関連キーワードと呼んだります。

3語キーワードを狙う理由はもう一つあります。

それは、検索者の意図を明確にするためです。

「iPhone8」という1語では、iPhone8の価格が知りたいのか、性能が知りたいのか、使い方が知りたいのか、などiPhone8の何が知りたいのかを把握することができません。

ですが、「iPhone8 ケース おしゃれ」なら、「iPhone8のおしゃれなケースを探してるんだな」と検索意図を読み取れますよね。

検索意図がわかればあとは簡単。

その検索意図に答える記事を書けばいいのです。

「iPhone8 ケース おしゃれ」なら、自分が使っている、または自分が欲しいと思っているおしゃれなiPhone8のケースを紹介してあげるといいですよね。

ブログとは、このように検索者の疑問に答えていくことなのです。

3語キーワードを狙う理由
  • ライバルが少ないところを狙うため
  • 検索者の検索意図を明確にするため

需要チェック

それでは、需要のある3語キーワードの探し方をご紹介します。

まずは、ネタの探し方から。探し方といっても難しく考える必要はありません。

身近にあるものから想像してみてください。

筋トレ、ゴルフ、ランニング、DIY、整理術、カメラ、ヨガ、ダンス、英語、ギター、地元のこと、子育て、家事、書籍、映画、etc.

あらゆるものがネタになります。

例えば、僕の好きな「アイスティー」について書くとしましょう。

アイスティーというたった1語のキーワードではライバルが強すぎるので、アイスティーの関連キーワードを調べていきます。

アイスティーをYahoo!で実際に検索してみましょう。

すると、検索結果が表示され、一番下までスクロールすると、関連キーワードが出てきます。

ここに表示されている関連キーワードは、実際に検索されている回数が多い順に並んでいます。つまり、需要があるキーワードなんです。

こんなふうに、実際に検索してみて関連キーワードがあるものを探していくと、需要のあるなしが判断できます。

この中からひとつ関連キーワードを選びます。「アイスティー 作り方」をクリックしてみましょう。

一番下までスクロールすると、さらに関連キーワードが出てきました。

関連キーワードが出なくなるまで、クリックし続けます。「アイスティー 作り方 ティーパック」をクリックしてみましょう。

一番下までスクロールすると、もう関連キーワードは出なくなりました。

これで検索は終了し、「アイスティー 作り方 ティーパック」という3語キーワードを狙うことにします。

ライバルチェック

需要のあるキーワードが見つかったら、次はライバルをチェックしましょう。

一般的に、運営年数が長く、記事がたくさんあるブログはGoogleからの評価が高いので上位表示されやすいです。

逆に、作りたてのブログはまだGoogleに評価されてないので、強いブログばかりが狙っているキーワードと同じものを狙うと上位表示が難しいです。

需要があっても、ライバルが多過ぎれば自分のブログは埋もれてしまいます。

しかし、ライバルの弱いところを狙えば上位表示は難しくありません。

そこで、自分のブログを上位表示させるために必要なライバルチェック3つのポイントをご紹介します。

 

◆記事タイトルにキーワードが全て含まれているか

狙いたいキーワードで実際に検索して、検索結果1ページ目に出てきたタイトルに、3語キーワードすべてが含まれているかどうかを確認します。

例えば、「アイスティー 作り方 ティーパック」で検索すると、すべてのキーワードが入ってないタイトルがあります。

朝日奈
タイトルにキーワードがない場合はライバルがいないので狙い目だよ。

 

◆企業サイトかどうか

検索結果の1ページ目のどのタイトルにも3語キーワードすべてが含まれていた場合、そのキーワードは供給過多となっています。

ですが、個人ブログが多ければ、参入する価値はあります。

なぜなら、いずれ自分のブログがGoogleから評価されるようになったときに、ライバルを抜く可能性があるからです。

僕のブログでも、最初は全然アクセスが来なかった記事が、数か月経って伸びてきた例がたくさんあります。

しかし、大手企業がそのキーワードのジャンルに特化したサイトを運営している場合、勝てる見込みはほぼありません。

検索結果に強いサイトばかり出てきた場合は、書くのを控えるか、別のキーワードで投稿していくようにしましょう。

ただ、企業サイトの中でも強い弱いがありますので、もし弱いサイトがあった場合は狙い目です。

:これは完全に僕の印象なんだけど、Yahoo!ニュース、NAVERまとめ、2ch/5chまとめ、クックパッドはめっちゃ強い。一方、Yahoo!知恵袋、楽天市場、Amazon、価格.comは無視しても大丈夫そう。

「アイスティー 作り方 ティーパック」の検索結果の1ページ目にも個人ブログやYahoo!知恵袋のページがあります。

URLの最後に「jp」が付いているのは企業サイトの場合が多いです。

個人ブログかどうかは見てみないとわからないので、検索結果の1ページ目のサイトは全部目を通すようにしましょう。

朝日奈
弱いサイトや個人ブログがあれば勝てる可能性があるから狙い目だよ。

 

◆記事の質は高いか

3語キーワードすべてが記事タイトルに入っていても、個人ブログだらけだった場合、ライバルの記事の質を見て参入するかどうかを判断しましょう。

狙っているキーワードで検索して出てきたページをクリックして記事を見てみてください。

その記事を読んで、これはすごい!とあなたが思った場合は、強いサイトです。笑

なぜなら、すごいと思うレベルは人によって違うからです。

もしあなたがライバルサイトの記事の質を超える記事を書けないと思ったら、そのサイトを超えることはできません。

つまり、強いライバルなんです。

そういう場合は、別のキーワードを探して参入できそうなところを見つけた方が、上位表示しやすいでしょう。

しかし、ブログを始めたての頃は、どのサイトも強そうに見えてしまい、なかなか手が進まないものです。

ですが、最初から完璧な記事を書ける人なんていないです。

野球初心者がいきなりフルスイングでホームランを打つなんてほぼ無理ですよね。笑

それと同じです。

まずはライバルはあまり気にせずに書いていきましょう。

何度もバッターボックスに立つことが大切なのです。

しかも、ブログは後から何度でも書き直しができますので、気負わずに書けます。

書かなければ書く力は永遠に伸びません。

記事を書き続ければだんだん慣れてきて上手くなります。

そして、様々な記事の積み重ねでブログが強くなっていくので、決して無駄にはなりません。

ライバルチェックは本当にざっとでいいので、とにかく書きまくってどういう記事が上位表示させやすいのか、感覚をつかんでいきましょう。

朝日奈
最初から完璧な記事を書ける人はいない!とにかく書くべし!

狙ったキーワードでタイトルを付ける

需要があってライバルが少ないキーワードを見つけたら、そのキーワードを含めて記事タイトルを付けます。

記事タイトルにキーワードを含めることで、検索エンジンはその記事が何のキーワードについて書かれた記事かを判断できるため、上位表示しやすいのです。

キーワード選定をして、記事タイトルにキーワードを含めることが最も簡単なSEO対策なのです。

キーワードを何も考えずに適当に付けたタイトルでは上位表示されませんので、ぜひ意識するようにしましょう。

ここでは、効果的なタイトルを付けるための3つのポイントをご紹介します。

検索者の意図を考える

「アイスティー 作り方 ティーパック」と検索する人は、何を知りたがっているでしょうか?

言わずもがな、ティーパックでアイスティーを作る方法ですよね。

なので、ティーパックでアイスティーを作りたいと思っている人が読みたくなるようなタイトルを付けます。

この記事は自分に関係があるんだと思わせることがポイントです。

キーワードを含める

タイトルにキーワードを含めることで、検索エンジンがその記事のキーワードを判断することができるます。

ですので、「アイスティー 作り方 ティーパック」の3語キーワードはすべてタイトルに含めましょう。

また、できるだけ語順を変えずに左側(文頭)に寄せるようにすると、キーワードを認識させやすくなります。

SEOにも効果的なので、必ずキーワードは含めるようにしましょう。

32文字程度で付ける

PCでGoogleの検索結果を表示させた場合、記事タイトルが32文字までしか表示されず、それ以上の文字は省略されてしまいます。

Yahoo!の場合は30文字以上だと省略されてしまいます。

スマホの場合は42文字前後まで見えますが、あまり長すぎるタイトルの場合、検索エンジンがどのキーワードが重要なのかを判断しにくくなり、上位表示が難しくなるので、32文字程度にとどめておきましょう。

タイトル例

上記のポイントを踏まえて、「アイスティー 作り方 ティーパック」でタイトルを付けてみました。

タイトル例

アイスティーの作り方!ティーパックを使うときの重要なポイントは?

32文字でおさめました。

「重要なポイントは?」と入れることで、「なんだろう?」と興味を引きつけるようにしています。

また、文を区切るときは「、」や「。」でも良いですが、「!」や「?」を使うとインパクトが出ます。

他のブログのタイトルや本のタイトルなんかも、キャッチーな文章で付けられているので、参考にしてみてください。

ブログアフィリエイトで月収10万円稼ぐキーワード選定

さて、キーワード選定のコツがわかったところで、もう1歩踏み込んでみましょう。

上記の手順を繰り返すだけでもアクセスを集めることができるので、Googleアドセンスを貼っておけば稼げます。

加えて、楽天・AmazonのアフィリエイトやASPのアフィリエイトを混ぜることで、月収10万円への到達が早くなります。

ポイントは、売れやすいキーワードを選ぶことです。

売れやすいキーワード
  • 商品名キーワード
  • 一般キーワード
  • 問題解決系キーワード

このようなキーワードは売れやすいです。

順番に紹介していきます。

商品名キーワード

ここでいう商品名とは、固有名詞のことです。

例えば、「iPhone」「ルンバ」「スピードラーニング」などです。

商品名で上位表示することができれば、広告を貼っておくだけで次々と売れていきます。

しかし、人気商品の場合、商品名のみのたった1語で上位表示させるのはライバルが強いため非常に難しいです。

商品名キーワードを狙う場合も、3語まで関連キーワードを広げられるといいですね。

一般キーワード

一般キーワードは、商品名キーワードよりも粒度の高いものです。

例えば、「スマホ」「お掃除家電」「英語教材」など、特定の商品名ではなく、ジャンルを表しているものです。

このような一般キーワードで検索してくる読者は、何か良い商品があれば買いたい、どれが最もおすすめなのか知りたい、と思っているので売れやすいです。

ただし、こちらも一般キーワード1語での上位表示はライバルが強過ぎるため難しいです。

関連キーワードを絡めて狙っていくようにしましょう。

問題解決系キーワード

検索エンジンを経由してくる読者は、何か問題を解決したい、何か情報を知りたいと思って検索します。

そのため、ほとんどのキーワードは問題解決系キーワードと言っていいのですが、商品名キーワードや一般キーワードと区別するためにあえて問題解決系キーワードと名付けました。

検索キーワードの悩みが深いほど売れやすいです。

例えば、「ニキビ おでこ 治らない」と検索する人は、ニキビを治したいわけなので、ニキビケア商品を紹介すると売れますよね。

「一人暮らし 掃除 面倒」と検索する人には、便利な掃除家電を紹介すると売れるでしょう。

売れやすいキーワードは文章力も必要

売れやすいキーワードを選ぶ場合でも、キーワード選定の手順は変わりません。

需要があってライバルの少ないところを選ぶようにしましょう。

ここで注意しておきたいのが、売れやすいキーワードを選んだからといって簡単に売れるわけではないということです。

商品へ自然に誘導する文章力が問われますので、ライバルサイトを見てどんな誘導をしているか研究しましょう。

また、売れやすいキーワードはライバルも多い傾向にあるので、ライバルを超える記事の質が求められます。

そこが難しいという場合には、最初はGoogleアドセンスのみで大丈夫です。

ブログが育つと2語キーワードでも上位表示される

しっかりキーワード選定をしていけば、僕たちのような個人ブログでも上位表示が狙えます。

そして、記事の質が良ければGoogleに評価されるので、2語キーワードでも上位表示されるようになります。

例えば、「アイスティー 作り方 ティーパック」を狙って書いた記事が、「アイスティー 作り方」で上位表示されるようになるのです。

3語と2語では需要の数が圧倒的に違うので、アクセスがグッと伸びていきます。

あとはこれを繰り返して記事をたくさん書くことです。

1つの記事がアクセスを集めるのには限界があります。

例えば、「アイスティー 作り方」が月間で2,000回検索されるキーワードだった場合、どんなに頑張っても1ヶ月2,000アクセスが限度です。

実際には全てのアクセスが1記事に集まるわけではなく、検索1位をとってもクリック率は2〜3割と言われているので、2,000回の3割で600アクセスぐらいが限度でしょう。

ですので、それ以上にアクセスを増やすなら、記事数を増やす必要がありますよね。

月収10万円を稼いでいる人は何か特殊なことをやっているのではなく、月収10万円に到達するまでキーワード選定を繰り返して記事数を増やしているだけです。

特にGoogleアドセンスは広告を貼るだけで稼げるので、アクセス数が物を言います。

目標金額を目指して記事を書いていきましょう。

おわりに

キーワードが決まれば、記事の内容も決まったも同然です。

そのキーワードで検索する人は何を求めているのかを想像して、その答えを書いてあげればいいだけです。

初心者でも狙えるキーワードを見つけて、そのキーワードに関する記事を書いて、上位表示を狙っていきましょう。

キーワード選定は本当に奥が深いです。

ブログによって様々なパターンが考えられるので、しっかり意識しながらやっていきましょう。

僕の無料メール講座でも、ブログでの稼ぎ方や自由な暮らしを実現する方法などを発信していますので、ぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です