ブログアフィリエイトの始め方!初心者が月収10万円稼ぐコツと仕組みを大公開!

こんにちは、朝日奈です。

このページでは僕が月収10万円稼ぐまでにやったことを全て公開しています。

ブログで稼ぐ仕組みが全然わからないという初心者の方でも問題なく実践できるように、基礎的な事項から具体的なノウハウまでまとめました。

長いので一気に読むのは疲れるかもしれませんが、ぜひブックマークしてこのページを何度も読んでほしいと思います。

それでは早速まいりましょう!

ブログで稼ぐ仕組み

初心者
そもそもブログを書いたらなんで稼げるの?

 

ただ文章を書いてるだけなのに、どこからお金が発生しているのか不思議ですよね。

 

朝日奈
ブログで収益化している人のほとんどは、アフィリエイトを利用してるんだ。

 

アフィリエイトとは、自分のブログに広告を掲載し、その成果に応じて報酬が得られる仕組みのことです。

たとえば、ネットを閲覧していて気になるバナーやリンクをクリックすると、商品ページに飛んだりしたことってありませんか?

こんなやつ↓

 

これは、ブログに広告を貼って商品を宣伝していて、訪問者が商品を購入した場合、謝礼として、商品を販売している企業から報酬を頂けるという仕組みなのです。

 

初心者
へえー。広告って誰でも貼れるものなの?
朝日奈
ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)に登録すれば誰でも貼れるよ!

 

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)とは、ブログなどのメディア運営者と、広告主をつなぐ仲介業者のことです。

 

 

一般的に、アフィリエイトとはこのような成果報酬型広告のことを指します。

成果報酬型広告は、自分のブログに貼った広告をクリックしてもらい、その先で商品が購入されると報酬が発生するものです。

 

初心者
なるほど!じゃあブログに広告を貼りまくればいいんだ!
朝日奈
ちょっと待った!話はそう簡単じゃないんだな。広告を貼ったからといって商品がそうそう買われるわけではないんだよね。

 

商品を購入してもらうには、その広告へ誘導したり、欲しくさせたりするライティングテクニックが必要になります。

つまり、初心者には敷居が高いのです!

 

初心者
えー!じゃあやっぱりブログって文章力ある人じゃないと稼げないんじゃん!
朝日奈
・・・と思うでしょ?でもね、初心者でもすごく稼ぎやすい広告があるんだよ。それがGoogleアドセンスっていう広告なんだ!

 

Googleアドセンスとは、広告がクリックされるだけで報酬が発生するという画期的なものです。

このような広告はクリック報酬型広告と呼ばれるアフィリエイトの一種で、初心者から上級者まで幅広く活用されています。

しかもGoogleアドセンスのすごいところは、広告が掲載されているブログの内容に合わせて、自動で最適な広告を配信してくれるのです。

 

Googleアドセンスは最適な広告を表示する

例えば、自動車に関する記事を書いていれば、新車の宣伝広告が配信されたり、ダイエットに関する記事を書いていれば、サプリメントの広告が配信されたりします。

また、訪問者の普段のネットサーフィンの履歴から、訪問者の興味がありそうな内容をGoogleが判断して最適な広告を配信することもあります。

訪問者の興味・関心に合った広告を常に表示してくれるため、自分のブログにアクセスさえ集められれば、訪問者のうちの何人かが広告をクリックしてくれます。

 

 

朝日奈
クリックされるだけで報酬が入るなら簡単そうじゃない?

 

商品を売り込む必要がないので、特別なライティングスキルもいりません。

しかも、テーマに合わせて広告を最適化してくれるので、自分の好きなテーマを書くことができます。

あとはブログにアクセスを集めることだけに集中すればいいのです。

 

初心者
そっか!じゃあこれから好きなこと書きまくればいいんだね!
朝日奈
待って待って。笑 その勢いは大切だけど、どうやってアクセスを集めるかを理解しておかないと努力が無駄になっちゃうよ。

ブログにアクセスを集める仕組み

ブログは適当に書いてもアクセスは来ません。

よく、芸能人は日々のできごとを日記としてブログに書いていますが、それは有名だからこそ読まれるのであって、僕たちのような無名の人が日記を書いたところで誰も読んでくれません。

ですが安心してください。たとえ無名でも多くのアクセスを集める方法があります。

それは、検索エンジンを使うことです。

検索エンジンとは、GoogleやYahoo!など、検索ボックスに調べたいキーワードを入力して検索し、その検索結果を表示してくれるものです。

 

何か知りたいことがあったとき、スマホなどでよく検索すると思います。

そして、検索結果に表示された記事の中から、自分が読みたい記事をクリックしますよね。

特に、上の方に表示されている記事は気になってクリックしやすいですよね。

つまり、検索されるキーワードで自分のブログを検索結果の上位に表示させることができれば、アクセスが集まるのです。

このように、検索結果の上位に表示させる対策を、SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)と呼びます。

アクセスを集める基本は、SEOを意識してブログを書き、検索結果で自分のブログを上位表示させることなのです。

初心者
検索エンジンとかSEOとか専門用語でてきて眠い・・・
朝日奈
寝ないで!w とにかく自分のブログを上位表示させればアクセスが来るってことだけ覚えればOK!

上位表示させるにはキーワードが大事

上位表示が大事ということがわかったところで、具体的にどうやって上位表示させればいいのかを解説していきます。

まず絶対に欠かせないスキルが、キーワード選定です。

キーワード選定とは簡単に言うとアクセスを集めやすいキーワードを探し出すことです。

アクセスを集めやすいキーワードを見つければ、初心者でも問題なく稼ぐことができます。

アクセスを集めやすいキーワードには、2つの条件があります。

アクセスを集める2つの条件

  • 需要があること
  • ライバルが少ないこと

需要があること

需要があるキーワードで上位表示できると、たくさん検索されてたくたん訪問者がやってきます。

逆に需要がないキーワードで上位表示しても、検索されないので訪問者もやってこないのです。

Googleアドセンスはアクセス数が最も大切ですので、需要があるキーワードを狙うようにしましょう。

ライバルが少ないこと

検索エンジン上にはすでにたくさんのサイトが登録されています。

その中にはクオリティの高い記事も存在しますし、人気のキーワードは企業がこぞって狙っているので、そこに初心者が参入しても勝ち目はありません。

検索エンジンは相対評価なので、読者に最も価値があると思われる記事を上位表示します。

そのため、初心者が参入するならライバルが少ないキーワードを狙うことが重要です。

ライバルが少なければ上位表示も難しくありません。

 

キーワード選定の手順

これまでお話ししたように、ブログでアクセスを集めるには記事の良し悪し以前にキーワード選定が大切です。

キーワード選定ができていなければ、せっかく書いた記事も読まれません。

ここからは具体的にキーワード選定の手順をご紹介していきます。

3語キーワードを狙う

3語キーワードとは、「iPhone8 ケース おしゃれ」のように3語で構成されたキーワードのことです。

Yahoo!の検索結果の下にもよく出てきます。

例えば、「iPhone8」という1語キーワードを想像してほしいのですが、この1語だとライバルサイトがたくさんあるので上位表示するのは厳しいです。

「iPhone8」ってすごく人気のスマホですしね。

ですが、「iPhone8 ケース」の2語なら「iPhone8」よりもライバルが少なくなりますし、「iPhone8 ケース おしゃれ」の3語ならもっとライバルが少なくなります。

このようにキーワードの語数が増えるほどライバルが減っていくので、まずは3語キーワードを狙っていくのがおすすめです。

ちなみに、「iPhone8」をメインキーワード、「ケース おしゃれ」を関連キーワードと呼んだります。

3語キーワードを狙う理由はもう一つあります。

それは、検索者の意図を明確にするためです。

「iPhone8」という1語では、iPhone8の価格が知りたいのか、性能が知りたいのか、使い方が知りたいのか、などiPhone8の何が知りたいのかを把握することができません。

ですが、「iPhone8 ケース おしゃれ」なら、「iPhone8のおしゃれなケースを探してるんだな」と検索意図を読み取れますよね。

検索意図がわかればあとは簡単。

その検索意図に答える記事を書けばいいのです。

「iPhone8 ケース おしゃれ」なら、自分が使っている、または自分が欲しいと思っているおしゃれなiPhone8のケースを紹介してあげるといいですよね。

ブログとは、このように検索者の疑問に答えていくことなのです。

3語キーワードを狙う理由

  • ライバルが少ないところを狙うため
  • 検索者の検索意図を明確にするため

 

需要チェック

それでは、需要のある3語キーワードの探し方をご紹介します。

まずは、ネタの探し方から。探し方といっても難しく考える必要はありません。

身近にあるものから想像してみてください。

筋トレ、ゴルフ、ランニング、DIY、整理術、カメラ、ヨガ、ダンス、英語、ギター、地元のこと、子育て、家事、書籍、映画、etc.

あらゆるものがネタになります。

例えば、僕の好きな「アイスティー」について書くとしましょう。

アイスティーというたった1語のキーワードではライバルが強すぎるので、アイスティーの関連キーワードを調べていきます。

アイスティーをYahoo!で実際に検索してみましょう。

すると、検索結果が表示され、一番下までスクロールすると、関連キーワードが出てきます。

ここに表示されている関連キーワードは、実際に検索されている回数が多い順に並んでいます。つまり、需要があるキーワードなんです。

こんなふうに、実際に検索してみて関連キーワードがあるものを探していくと、需要のあるなしが判断できます。

この中からひとつ関連キーワードを選びます。「アイスティー 作り方」をクリックしてみましょう。

一番下までスクロールすると、さらに関連キーワードが出てきました。

関連キーワードが出なくなるまで、クリックし続けます。「アイスティー 作り方 ティーパック」をクリックしてみましょう。

一番下までスクロールすると、もう関連キーワードは出なくなりました。

これで検索は終了し、「アイスティー 作り方 ティーパック」という3語キーワードを狙うことにします。

ライバルチェック

需要のあるキーワードが見つかったら、次はライバルをチェックしましょう。

一般的に、運営年数が長く、記事がたくさんあるブログはGoogleからの評価が高いので上位表示されやすいです。

逆に、作りたてのブログはまだGoogleに評価されてないので、強いブログばかりが狙っているキーワードと同じものを狙うと上位表示が難しいです。

需要があっても、ライバルが多過ぎれば自分のブログは埋もれてしまいます。

しかし、ライバルの弱いところを狙えば上位表示は難しくありません。

そこで、自分のブログを上位表示させるために必要なライバルチェック3つのポイントをご紹介します。

 

◆記事タイトルにキーワードが全て含まれているか

狙いたいキーワードで実際に検索して、検索結果1ページ目に出てきたタイトルに、3語キーワードすべてが含まれているかどうかを確認します。

例えば、「アイスティー 作り方 ティーパック」で検索すると、すべてのキーワードが入ってないタイトルがあります。

朝日奈
タイトルにキーワードがない場合はライバルがいないので狙い目だよ。

 

◆企業サイトかどうか

検索結果の1ページ目のどのタイトルにも3語キーワードすべてが含まれていた場合、そのキーワードは供給過多となっています。

ですが、個人ブログが多ければ、参入する価値はあります。

なぜなら、いずれ自分のブログがGoogleから評価されるようになったときに、ライバルを抜く可能性があるからです。

僕のブログでも、最初は全然アクセスが来なかった記事が、数か月経って伸びてきた例がたくさんあります。

しかし、大手企業がそのキーワードのジャンルに特化したサイトを運営している場合、勝てる見込みはほぼありません。

検索結果に強いサイトばかり出てきた場合は、書くのを控えるか、別のキーワードで投稿していくようにしましょう。

ただ、企業サイトの中でも強い弱いがありますので、もし弱いサイトがあった場合は狙い目です。

:これは完全に僕の印象なんだけど、Yahoo!ニュース、NAVERまとめ、2ch/5chまとめ、クックパッドはめっちゃ強い。一方、Yahoo!知恵袋、楽天市場、Amazon、価格.comは無視しても大丈夫そう。

「アイスティー 作り方 ティーパック」の検索結果の1ページ目にも個人ブログやYahoo!知恵袋のページがあります。

URLの最後に「jp」が付いているのは企業サイトの場合が多いです。

個人ブログかどうかは見てみないとわからないので、検索結果の1ページ目のサイトは全部目を通すようにしましょう。

朝日奈
弱いサイトや個人ブログがあれば勝てる可能性があるから狙い目だよ。

 

◆記事の質は高いか

3語キーワードすべてが記事タイトルに入っていても、個人ブログだらけだった場合、ライバルの記事の質を見て参入するかどうかを判断しましょう。

狙っているキーワードで検索して出てきたページをクリックして記事を見てみてください。

その記事を読んで、これはすごい!とあなたが思った場合は、強いサイトです。笑

なぜなら、すごいと思うレベルは人によって違うからです。

もしあなたがライバルサイトの記事の質を超える記事を書けないと思ったら、そのサイトを超えることはできません。

つまり、強いライバルなんです。

そういう場合は、別のキーワードを探して参入できそうなところを見つけた方が、上位表示しやすいでしょう。

しかし、ブログを始めたての頃は、どのサイトも強そうに見えてしまい、なかなか手が進まないものです。

ですが、最初から完璧な記事を書ける人なんていないです。

野球初心者がいきなりフルスイングでホームランを打つなんてほぼ無理ですよね。笑

それと同じです。

まずはライバルはあまり気にせずに書いていきましょう。

何度もバッターボックスに立つことが大切なのです。

しかも、ブログは後から何度でも書き直しができますので、気負わずに書けます。

書かなければ書く力は永遠に伸びません。

記事を書き続ければだんだん慣れてきて上手くなります。

そして、様々な記事の積み重ねでブログが強くなっていくので、決して無駄にはなりません。

ライバルチェックは本当にざっとでいいので、とにかく書きまくってどういう記事が上位表示させやすいのか、感覚をつかんでいきましょう。

朝日奈
最初から完璧な記事を書ける人はいない!とにかく書くべし!

狙ったキーワードでタイトルを付ける

需要があってライバルが少ないキーワードを見つけたら、そのキーワードを含めて記事タイトルを付けます。

記事タイトルにキーワードを含めることで、検索エンジンはその記事が何のキーワードについて書かれた記事かを判断できるため、上位表示しやすいのです。

キーワード選定をして、記事タイトルにキーワードを含めることが最も簡単なSEO対策なのです。

キーワードを何も考えずに適当に付けたタイトルでは上位表示されませんので、ぜひここは意識するようにしましょう。

 

上位表示させるためにも、記事が読まれるためにも、タイトル付けは極めて重要です。

効果的なタイトルを付けるための3つのポイントをご紹介します。

検索者の意図を考える

「アイスティー 作り方 ティーパック」と検索する人は、何を知りたがっているでしょうか?

言わずもがな、ティーパックでアイスティーを作る方法ですよね。

なので、ティーパックでアイスティーを作りたいと思っている人が読みたくなるようなタイトルを付けます。

この記事は自分に関係があるんだと思わせることがポイントです。

キーワードを含める

タイトルにキーワードを含めることで、検索エンジンがその記事のキーワードを判断することができるます。

ですので、「アイスティー 作り方 ティーパック」の3語キーワードはすべてタイトルに含めましょう。

また、できるだけ語順を変えずに左側(文頭)に寄せるようにすると、キーワードを認識させやすくなります。

SEOにも効果的なので、必ずキーワードは含めるようにしましょう。

32文字程度で付ける

PCでGoogleの検索結果を表示させた場合、記事タイトルが32文字までしか表示されず、それ以上の文字は省略されてしまいます。

Yahoo!の場合は30文字以上だと省略されてしまいます。

スマホの場合は42文字前後まで見えますが、あまり長すぎるタイトルの場合、検索エンジンがどのキーワードが重要なのかを判断しにくくなり、上位表示が難しくなるので、32文字程度にとどめておきましょう。

タイトル例

上記のポイントを踏まえて、「アイスティー 作り方 ティーパック」でタイトルを付けてみました。

アイスティーの作り方!ティーパックを使うときの重要なポイントは? 

32文字でおさめました。

「重要なポイントは?」と入れることで、「なんだろう?」と興味を引きつけるようにしています。

また、文を区切るときは「、」や「。」でも良いですが、「!」や「?」を使うとインパクトが出ます。

他のブログのタイトルや本のタイトルなんかも、キャッチーな文章で付けられているので、参考にしてみてください。

記事の書き方

それではいよいよ記事の書き方を解説していきます。

自分には人に読んでもらえるような文章を書くなんて無理だ・・・と思っていたとしても、全然問題ありません。
なぜなら、キーワード選定ができている時点で、検索者はもうあなたの記事を欲しているからです。

検索エンジンからアクセスしてきた訪問者は、検索したキーワードについて、何かしらの答えを求めてブログに来ています。

なので、訪問者が知りたいことを丁寧に答えてあげるだけでいいんです。

決しておもしろい文章を書かなければいけないわけではないですし、小難しいテクニックが必要なわけでもありません。

検索者が求める答えをわかりやすく伝える、ただこれだけです。

とはいえ、やっぱり自信がない・・・という人のために、読まれる記事のポイントをご紹介します。

記事のタイトルに沿った内容を書く

今日はこんなテーマで書こう!とタイトルを決めたら、記事の内容もそれに沿うように書かなければなりません。

何を当たり前のこと言ってるんだと思われそうですが、最初のうちは文章を書いていて迷子になるときがあるんですよね。笑

読者はタイトルを見て判断してクリックします。

そこに求めていた答えがなければすぐに閉じられてしまいます。

記事を書く前に、どんな内容を書いてどんな結論に持っていくか、その流れを考えておきましょう。

その際は、下図のような構成にすると読む方も書く方もわかりやすいです。

◆記事タイトル

記事の入り口となるのがタイトルです。検索されそうなキーワードを入れてタイトルを付けましょう。

ちなみに記事タイトルと記事内容は、どちらを先に決めればいいかという決まりはありません。

ざっくり内容を書いてみて、それに合わせて記事タイトルを付けるという方法でも良いでしょう。

◆導入文

記事のつかみとなる部分です。これから書いていく記事の内容について簡単に触れたり、問題提起したりして、読者の興味を引きます。

「こんなことに悩んでいませんか?」と問いかけたり、「こういうことについて書きます」と述べたりして、この記事は自分に関係があるかも、と読者に思ってもらいましょう。

◆見出し

話の内容に応じて見出しを入れると記事にメリハリがつきます。記事を書く前に見出しを決めておくと、スムーズに書き進めることができるのでおすすめです。

◆本文

見出しに沿って本文を書いていきます。

◆まとめ

最後にまとめがあると文章が引き締まります。

読み手を想像する

この記事を読む人はどんな人だろうかと想像すれば、文章も自然と丁寧なものになります。

例えば、何かを解説する記事なのであれば、何もわからない初心者に届けるイメージで、難しい言葉は使わないようにします。

この記事を読む人は何を求めているのか、何を知りたいのか、それを考えれば読み手に響く言葉をチョイスできるでしょうし、記事の構成も決まってきます。

何を求めているかわからないと思ったら、実際に検索して、どんな記事が出てくるかリサーチしてみましょう。

自分では思いつかなかったことも発見できます。

それでも読み手を想像するのが難しい場合は、身近な人を想像してみましょう。

例えば僕は、家族や友達に向けて書いたり、昔の自分に向けて書いたりしています。

誰か具体的な人を想像できると書きやすいので、ぜひやってみてください。

感情を書く

たまに、ブログに情報だけを書く人がいます。

例えば、新型iPhoneが発売された際に、性能や価格の情報だけを書くブログなどです。

これでも悪くはないのですが、性能や価格などはすでに大手サイトで公表されていますし、ニュースにもなっているので、みんな知っています。

すでに知っている情報を改めて言われても、特に得るものがなくページを閉じられるだけです。

ニュース情報などを書く場合は、それらについて自分はどう思ったかを率直に書いていきましょう。

感情を書くことでブログ運営者の人柄が出せますし、読み手の感情にも働きかけます。

また、実体験や思ったことなどを書くと、それだけで記事にオリジナリティが出ます。

オリジナリティのある記事はGoogleからの評価も上がるので、積極的に書いていきましょう。

読みやすさを心掛ける

改行なしにギュっと詰まった文章は読みにくいですよね。
適宜改行を入れたり、句読点に注意して、ぱっと見で読みやすいレイアウトを意識しましょう。

太字や赤字などで装飾するのも効果的です。

ただし、色を使いすぎたり、装飾しすぎたりすると、かえって読みにくくなるので注意が必要です。

また、一度文章を書き終えたら読み返してみましょう。

文章にもリズムがありますので、語尾が「〜です。」だけで終わると単調で退屈な文章になりますし、接続詞が間違っているとわかりにくい文章になります。

流れが不自然なところがあったり、何か違和感があったりしたら、言い回しを変えたり接続詞に注意するとすぐに修正できることが多いです。

自分で感じた引っかかりは読み手も感じるので、ぜひ読み返しをして修正していきましょう。

文字数は1500文字以上

最適な文字数は記事によって変わるので一概には決められません。

ただ、検索エンジンからのアクセスを意識するなら、僕は最低1000文字は必要だと思っています。

できれば1500文字はほしいです。

というのも、内容の薄い記事ばかり更新しても、検索エンジンからの評価が上がらないので、アクセスが来ないのです。

たまに文字数の少ない記事を更新する分には構いませんが、できるだけ文字数は多くしましょう。

しかし、いきなり1500文字を書くのはやっぱり難しいです。

結構書いたつもりでも数えてみたらまだ800文字だった!なんてこともよくあります。笑

なので、最初は文字数をあまり意識せず、とりあえず書けるところまで書いてみましょう。

実体験や思ったこと、自分が興味のあることだと、比較的文量も多くなりやすいのでおすすめです。

SEOに強いブログを作ろう

朝日奈
ここまで解説した方法が、ブログ記事作成の基本中の基本。まずはこの通りに記事を作成してみよう。
初心者
よーし書くぞ!ってあれ?そもそもブログってどうやって始めるの?
朝日奈
そういえばブログサービスについてまだ話してなかったね。ここはSEOにも関わるところだから、詳しく解説していくね!

ブログには、大きく分けて、無料ブログと有料ブログの2種類があります。

無料ブログとは、「はてなブログ」や「アメブロ」など、企業が無料で提供しているサービスで、お金をかけずにブログを始められるものです。

メリットは、初心者でもわかりやすく、開設に手間がかからないので、簡単に始められることです。

一方、有料ブログとは、サーバーやドメインなどブログ構築に必要なものを自分で用意して運営するもので、維持費がかかるために有料ブログと呼ばれています。

一応「はてなブログ」や「アメブロ」にも有料プランが存在しますが、ここでは便宜上、サーバーやドメインを自分で用意したブログのことを有料ブログと呼ぶことにします。

サーバーやらドメインやら意味不明な単語が並んでいますが、今はさらっと流してもらって大丈夫です。笑

とりあえず有料ブログは、サーバー代とドメイン代を合わせて月1,200円ほどかかります。

ブログ初心者の場合、お金がかからない無料ブログで!となりがちですが、実は無料ブログには大きなデメリットがあります。

それは何かと言うと、ドメインの強さです。

ドメインとは?

ブログのURLを見ると、http://〇〇〇.com/のような表記になっていると思うのですが、これの〇〇〇.comの部分をドメインと言います。

ドメインは、ブログの評価と紐づく大切なもので、質の良いブログを運営していくと、ドメインパワーが強くなります。

ドメインパワーが強いとSEOで有利になり、上位表示がしやすくなります。

ブログの評価が上がる=ドメインパワーが強くなると思ってもらって構いません。

無料ブログの場合、大元のドメインパワーを分け与えてもらう形でドメインを取得します。

例えば、はてなブログの場合、hatenablog.comが大元のドメインで、ブログを開設すると〇〇〇.hatenablog.comというドメインになります。

一方、有料ブログの場合は、独自ドメインを自分で取得するので、〇〇〇.comという形になります。

ブログでアクセスを集めるには、ドメインパワーを強くしてSEOを有利にし、上位表示を狙っていく必要があります。

それを考慮した場合、無料ブログのドメインよりも、自分で取得した独自ドメインの方が上位表示されやすい傾向にあるのです。

というのも、独自ドメインは、ある程度の運営期間が経ち、ある程度の記事数がたまることによって、ドメインパワーが強くなっていきます。

一方無料ブログは、最初からある程度のドメインパワーがあるのですが、そこから強くなりにくい傾向にあります。

自分以外にもたくさんの人が同じブログサービスを利用しているため、その内容の良し悪しで大元のドメインの評価が変わるからです。

良いブログを書く人ばかりがいる無料ブログサービスなら、大元のドメインも強くなるかもしれませんが、やはり他の人が関わる以上、コントロールすることはできません。

独自ドメインなら、完全に自分のブログの評価のみでドメインパワーを強くすることができます。

そして、独自ドメインはいずれ無料ブログのドメインパワーを超えます。

開設初期の段階では、まだGoogleに何の評価もされていないため、上位表示されにくいのですが、すぐにドメインパワーが付いてきて無料ブログもあっさり抜けるようになるので、資産ブログを作るなら独自ドメインの方が有利です。

インデックススピード

ブログを書いて投稿しても、その記事がGoogleに見つけられるまで、検索結果に表示されません。

Googleに記事が見つけられて初めて、検索エンジンに登録され、検索結果に表示されるようになるのです。

このように検索エンジンに登録されることを、インデックスと呼びます。

無料ブログの場合、大元のドメインを引き継いでいるので、Googleに発見されるスピードが早く、速攻でインデックスされます。

一方、独自ドメインで作った有料ブログは、開設初期の場合、Googleが存在を認知していないので、インデックスされるスピードが段違いに遅いです。

とはいえ、運営期間が経つにつれて、インデックススピードは早くなりますので、そこまで心配する必要はありません。

作りたてのブログはインデックススピードが遅いということだけ覚えておいてください。

検索順位の変化

無料ブログは、最初こそ上位表示されることはありますが、時間が経つと検索順位が落ちることが多いです。

なぜなら、ドメインパワーのある有料ブログに負けやすいので、長期間上位表示させ続けることが難しいからです。

無料ブログは更新をやめると検索順位が落ちるため、資産ブログにはなりづらいです。

逆に有料ブログの場合、ドメインパワーが強くなれば、これまで下位に表示されていた記事が上位にやってくるようになります。

そして、上位表示されると検索順位が安定しやすいのが特徴です。

この状態になれば、放置していてもアクセスが来て収益が発生していくので、資産ブログとなります。

手をかけなくても報酬が発生する収益基盤を作るのが目標なので、長期的に稼ぐことを目指すなら、有料ブログを運営するようにしましょう。

無料であることのデメリット

無料でサービスを使わせてもらっている以上、運営会社の規約や意向に従わなければなりません。

そのため、運営会社によって勝手にブログが消されるという危険性もはらんでいます。

運営会社に不都合があると、問答無用で消されてしまうため、安心はできないのです。

また、運営会社が勝手にブログに広告を挿入するので、見栄えも悪くなり、自分が貼りたい広告が目立たなくなります。

このようなカスタマイズ性の低さも収益化を不利にします。

有料ブログであれば、すべてを自分で用意するため、完全に自分のものとなり、消されるリスクなどもありません。

資産ブログを作るなら、長期的に稼いでくれることが重要なので、すべてを自分でコントロールできる有料ブログで運営しましょう。

まとめ

長くなったので最後に重要なポイントをまとめます。

稼ぐブログを作るポイント

  • 初心者がブログで稼ぐならGoogleアドセンスから始めよう
  • 検索エンジンからアクセスを集めるためにキーワードを意識しよう
  • 需要があってライバルが少ないキーワードを狙おう
  • 検索意図を意識したタイトルと記事内容にしよう
  • 資産ブログを作るならSEOに強い有料ブログにしよう

全体的な流れはこんな感じです!

一発で理解するのは難しいかもしれませんが、やりながら覚えていきましょう。やりながらこのページを何度も繰り返し読めば、あなただけの素敵なブログができていきます。

ぜひ頑張っていきましょう!

また、僕のメール講座ではより詳しいブログノウハウや、会社を辞めて自由な働き方を実現した方法などを配信していますので、ぜひこちらも読んでみてください。

あなたの理想のライフスタイルを叶えていきましょう。

朝日奈光一の無料メール講座


僕が今もなお稼ぎ続けているブログ運営術や自分の好きなことをビジネスにする方法、趣味や遊びに全力を注いで心から楽しめる生活を実現する方法など、毎日を輝かせるライフスタイル学を発信しています。コーヒー片手にお気軽にお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です