iMac Proのスペックがやばい!使う人はどんな人?価格はいくらになるのか?

Apple製品ってあらゆるものがPro化していますね。

MacBook Pro、iPad Pro、そしてiMac Pro。

iMacもついにProが出てしまいました。

というか今回のWWDCは内容が盛りだくさんすぎてやばいです(笑)

僕はデスクトップってそこまで興味がなく、モバイル重視でノートPCばかり買っていたのですが、いつか部屋にメインマシンとして据え置くのも良いのかなと妄想しています。

そしてこのタイミングで発表されたiMac Pro。

一目見た瞬間惚れました。

めちゃくちゃかっこいいです。

スポンサーリンク

iMac Proのスペック

CPU:Intel Xeon 8コア/10コア/18コア
メモリ:32GB(64GB/128GBにアップグレード可能)
SSD:1TB(2TB/4TBにアップグレード可能)
グラフィックス:Radeon Pro Vega 56 8GB HBM2メモリ(Radeon Pro Vega 64 16GB HBM2メモリにアップグレード可能)
ディスプレイ:27インチ 5K 5120×2880ピクセル
寸法:65.0×51.6×20.3cm
重量:9.7kg
インターフェース:Thunderbolt 3(USB-C)×4、USB 3×4、SDカード、イーサネット、イヤホンジャック

ハイスペックすぎて笑いがでます(笑)

Xeonといえばセンターに置いてあるサーバーなどに使われるやつです。

正直僕はこんなにスペックを求めてないので、完全に持て余してしまいます。

以前、ゴミ箱型のMac Proが発売されましたが、あれもすごすぎて買う気が起きませんでした。

YouTuberさんとか動画編集やゲームに力を入れている人たちであれば活用できそうですね。

今回はMac Proと違ってディスプレイ一体型なので、デスク周りもすっきりと使えそうです。

そして色がスペースグレイになったのが本当にかっこいい!

MacBookにもスペースグレイが出たときかっこいいなと思いましたからね。

この色めっちゃ好きです。

キーボードやマウスも色が統一されていて、これまでとは違うプレミア感が一層引き立ちます。

あまりに高性能ですが、一度使ってみたい気もしますね。

なにより5Kディスプレイの世界を味わってみたいです。

価格は最低スペックでも55万円からということで、最高スペックはいくらになるのでしょうか・・・。

ちなみにiMac Retina 5Kディスプレイの最高スペックは40万円台です。

最低スペックにも追いつけてないという、モンスター級のやばさを感じますね。

発売は2017年の12月です。

スポンサーリンク

朝日奈
最後までご覧いただきありがとうございます。当ブログを運営している朝日奈です。

僕は今、お気に入りのカフェをシゴト場にして、コーヒーを飲みながらブログを書く生活を送っています。

元々は東京の小さな会社で働くサラリーマンでしたが、将来が見えない不安から副業でブログをスタートしました。

その後、放置でもブログ収入が入ってくるようになったので、会社を辞めて好きなことをするライフスタイルにシフトしました。

PC1台あればどこでもシゴトができて、縛られることのないワークスタイルはストレスもなく心地良いです。

そんな生活を送れるようになった背景をプロフィールにまとめましたので、ぜひご一読ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です