VAIO S11の評価とLTEプラン価格まとめ!スペックも十分だけど気になるところ

先日、VAIO S11が発表されました。

VAIO株式会社として素晴らしい製品を投入してきました。

スペックが充実しているうえに1kgを切る軽さで興奮しております。

SONY時代のVAIO Pro 11を思い出しますが、大幅なスペックアップをしております。

スペックと価格を見て行きましょう。

スポンサーリンク

スペック

ディスプレイ:11.6インチ(1,920×1,080)
CPU:Core i7-6500U、Core i5-6200U、Core i3-6100U
メモリ:4GB、8GB
SSD:128GB、256GB、512GB
バッテリー:最大15時間(LTE使用時8時間)
サイズ:284mm×190.4mm×19.1mm
重量:920g(LTEモデル940g)
カラー:シルバー、ホワイト、ブラック
インターフェース:VGA、LANポート、USB type-C、USB 3.0、ヘッドホン、SDカードスロット

価格

VAIOはこれから本格的にLTE対応モデルに参入するようです。VAIO S11はその1号機となりますね。

LTEプランの概要ですが、年単位での契約となります。契約期間中、通常時は200kbpsで使い放題の通信で運用します。そして、必要なときだけ最大150Mbpsの高速通信に切り替えるという運用になります。

高速通信は契約年数によって容量が変わる仕組みになっています。また、通常通信と高速通信はボタン一つで切り替えられます。

まずはVAIO S11本体の価格です。
Core i3 メモリ4GB SSD128GB:123,984円(税込)
Core i5 メモリ4GB SSD128GB:136,944円(税込)
Core i5 メモリ8GB SSD128GB:147,744円(税込)
Core i7 メモリ8GB SSD256GB:196,344円(税込)
LTEモデル Core i3 メモリ4GB SSD128GB:134,784円(税込)
他にも色々とカスタマイズできますので、参考として見てください。

続いて、LTEプランの価格です。単体でも買うことはできますが、本体と同時購入した方がお得になっています。( )内が同時購入したときの価格です。いずれも税込です。
契約期間1年間 高速通信32GB:14,904円(12,744円)
契約期間2年間 高速通信64GB:24,624円(22,464円)
契約期間3年間 高速通信128GB:35,424円(32,184円)

スポンサーリンク

ターゲットはビジネスユーザー

VAIO S11を見てまっさきに目が行ったのは、LANポートとVGAが付いているところです。

VAIO Pro 11にはありませんでした。この2つのインターフェースを付けるということは、完全にビジネスユーザーを対象にしています。事実、VAIO S11の公式ページを見ても、ビジネスで使うことを想定した利用シーンが描かれています。

これを見て彷彿とさせるのは、パナソニックのレッツノートRZ5でしょう。ビジネスユーザーをターゲットにしていることが明確でした。VAIOはここに参戦です。おもしろい!

重量はレッツノートRZ5の方が軽いです。745g。

しかし、VAIO S11が優っているところは多々あります。

まず性能です。レッツノートRZ5はCore Mなのですが、VAIO S11はしっかりCore iを載せています。さらに、価格が安いというところです。

絶対値で見れば15万なんて高っ!と思いますが、性能とデザインを鑑みれば、妥当、むしろコスパ良しと思えてきます。

他にも、MacBook Air 11やSurface Pro 4なんかがライバルとして候補に挙がるかなと思いますが、それでもVAIO S11の方が良いと思う理由があります。

それはバッテリー駆動時間とSDカードスロットが付いているところです。

私はミラーレス一眼で写真を撮るのが好きなので、SDカードをPCに差す機会が多いです。しかし、MacBook Air 11もSurface Pro 4もSDカードスロットが付いていないのです。Surface Pro 4はmicroSDカードは付いているのですが、私はmicroSDは使いません。惜しい!

また、バッテリー駆動時間が最大15時間というのはかなり魅力です。

私は外でASUSのTransBook T90 Chiを使っているのですが、最初は10時間ぐらい持っていたバッテリーが最近では6時間弱しか持たないので気分も落ちているところです(笑)。
関連記事TransBook T90 Chiの開封レビュー!価格も手頃な最強のモバイルPCだ!

15時間は本当に電源から解放されますね。どこでもノマドできます。

とまあ、これまで良いところばかり書きましたが、1点だけデメリットというか気になるところがあります。

それは薄さ。

確かにVAIO S11は軽いのですが、私は薄さにもこだわるわがままです(笑)。

最近の薄型ウルトラブックを見ていると、約2cmのVAIO S11はちょっと厚いかなと思ってしまいます。いえ、十分薄いのですが、本当に最近のものが薄すぎて目が肥えてきました。

VGAやLANポートが付いていることを考えれば、確かにギリギリの薄さではあります。しかし、ぶっちゃけ私はこの2つのインターフェースは使いません(笑)。

ビジネスユーザーを対象としているので私のような単なるブロガーは対象外かなあと感じました。

この2つのインターフェースを省いて、もっと薄いVAIOが出たとき、私はきっと即行で飛びつくでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ