未来の都市計画に期待!東京五輪後のライフスタイルはどうなる?

2020年東京オリンピック・パラリンピックまで1年を切って、競技場、レースコース、選手村などの施設の建設も大詰めになっています。果たしてこのオリンピック・パラリンピックが日本の起爆剤になるのか大会自体はもちろんですが、その後の景気や都市計画への影響が期待されるところです。

さて今回の記事では少し趣向を変えて、最近気になる「未来の都市設計」について、先進テクノロジーを活用した海外のスマートシティを例に考察してみたいと思います。

働き方、暮らし方の多様性大きな転換期を迎える今、未来のライフスタイルを想像するお手伝いになればと思います。

ロンドンに続け 東京五輪で期待される「都市計画」とは?

2012年のロンドンオリンピック・パラリンピックから早いもので10年弱が経とうとしています。この大会は、大規模に開発されたオリンピック・パーク、スタジアムをはじめ旧選手村、駅などのインフラが大会開催後も地域開発に大きな貢献をしたと言われている例でもあります。

2013年、東京都は国際オリンピック委員会 (IOC)に提出した文書の中で「私たちは、ロンドンで開催されたすばらしい大会に触発されている。 近代的な国際都市における大会のあり方や、優れた財産を惜しみなく用いて、この 先進的かつ象徴的な都市が、いかに新たな基準を打ち立てながら競技と祭典を開催 するのかを目の当たりにした」と記述しており、来る2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催後の「都市開発計画」にも影響を与えると考えられています。(詳細は千葉銀行ロンドン支店EUインサイトから)

東京の開発は、ロンドン五輪の規模よりも小さいですが、その分最新のテクノロジーを駆使した都市開発に期待がされています。

具体的には、会場のセキュリティ対策、交通問題の予防、改善から観光客向けの滞在、宿泊、買い物、観光まで、トランザクションとコミュニケーションが増えることで、インフラを通して収集できるデータも膨大に増えることが予測されます。

データの扱いには十分注意が必要という情報保護の問題を一旦置いておいたとして、このような歴史的なIoT発展の大チャンスを上手く取り込み、今後の都市計画に活かせるかという点に注目されます。

日本でもすでに工場などで「スマートファクトリー」という名のもと、同軸ケーブルなどのネットワークを活用したディスプレイ、モニターによる管理技術が高度化し、人の安全管理や効率的な製造プロセスの改善に活用されています。このようなテクノロジーがIoT、データ分析の進歩によって大規模に「都市レベル」で実現されるようになる日も近いといえるでしょう。

日本でも5G広く展開されるようになると、この勢いはますます加速すると考えられます。

世界で進む「スマートシティ」の最新事情!

日本では都市全体でのIoT活用はまだこれからですが、海外では欧州を中心に「スマートシティ」の取り組みが進んでいます。具体的な例をご紹介しましょう!

Cisco発表によるとスペイン・バルセロナではIoTセンサー解析によってスマートパーキング、スマートバスストップ、さらにはごみ収集・処理にまでデータ化、効率化が行われているとのこと。2000年から2010年までの調査に基づく試算によれば、IoTによる経済効果は年間89億ユーロ(1兆円) にものぼるというので驚きですね!

また、デンマーク・コペンハーゲンでは大学、民間企業、約80団体の研究機関が参加して交通渋滞緩和、環境保全の取り組みを進めています。Wi-fi位置情報データ分析し交通渋滞と二酸化炭素排出量を削減するプロジェクト、街灯に温度、大気汚染センサーを搭載したデータ取得の取り組みなどビッグデータを活用した現実的な都市計画が進んでいます。

こんなスマートシティが実現すれば、便利で、美しく、地球にやさしい未来になりますね!

少子高齢化や国際競争力の低下で近年元気のない日本ですが、このようなテクノロジー先進国を目指すべく、官民一体となったビッグデータ活用の取り組みが実現するかもしれないと考えるとワクワクしてきます。

私たちの見慣れた東京が見えないデータで画期的な「スマートシティ」に様変わりしたとき、皆さんはどのようなライフスタイルを送っていたいでしょうか?

日々進化するテクノロジーの話題を耳にしたとき、是非同時に未来を想像しながら「自分事」に考えられるようにしたいものですね。

朝日奈
最後までご覧いただきありがとうございます。当ブログを運営している朝日奈です。

僕は今、お気に入りのカフェをシゴト場にして、コーヒーを飲みながらブログを書く生活を送っています。

元々は東京の小さな会社で働くサラリーマンでしたが、将来が見えない不安から副業でブログをスタートしました。

その後、放置でもブログ収入が入ってくるようになったので、会社を辞めて好きなことをするライフスタイルにシフトしました。

PC1台あればどこでもシゴトができて、縛られることのないワークスタイルはストレスもなく心地良いです。

そんな生活を送れるようになった背景をプロフィールにまとめましたので、ぜひご一読ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です