MacのUSキーボードでかな変換を行う全手順!コマンドの違いに気をつけて!

MacBook Airを使わなくなったと友人がぼやいていたので、じゃあ貸してくれ!ということでしばらくの間借りてMacユーザーになることにしました。

初Mac。ものすごく感動しています。起動時のジャーンという音から聞き入っています。

ただ、1点問題があります。

それは、私が借りたMacBook AirがUSキーボードであったことです。

何これ、日本語入力できないじゃん!

なるほど、試されているんだな。

あえてググらずに設定をいじりました。無事に日本語入力できるようになったので、その後ググって調べたのですが、一般的に言われていることと違うところを発見しました。

そこで、USキーボードでかな変換を行うための全手順を記します。

特に、初期設定時の入力ソースを「日本語」ではなく「U.S.」を選んでしまった人は必見です。

スポンサーリンク

かな変換の方法

まず、Dock(下に多くのアイコンが並べられているメニューバー)の中にある「システム環境設定」を開きます。
スクリーンショット 2016-07-06 9.37.07

「キーボード」を選択します。
スクリーンショット 2016-07-06 9.41.47

「入力ソース」を選択します。
スクリーンショット 2016-07-06 9.43.58

「U.S.」しか入っていない状態ですので、左下の「+」を押します。
スクリーンショット 2016-07-06 9.45.27

すると、言語を選択する画面が表示されますので、「日本語」を選択して、「追加」を押します。
スクリーンショット 2016-07-06 9.45.40

次に、「ショートカット」を選択します。
スクリーンショット 2016-07-06 9.55.44

「入力ソース」を選択します。
スクリーンショット 2016-07-06 9.57.48

はい、ここに表示されているキーの組み合わせが、かな変換の際に使用するショートカットキーです。デフォルトでは以下のような画面になっていると思います。
スクリーンショット 2016-07-06 13.48.46

「^」というのは「ctrl」キーのことです。

つまり、「ctrl」+「スペース」でかな変換ができます。実際に押してみるとこんな感じです。
写真 2016-07-06 9 53 49 (1)

「^」が「ctrl」のことだなんてなかなか気づかないんじゃないですかね(笑)。「6」の上に「^」があるもんだから、私は必死に「shift 」+「6」を押していましたよ(笑)。
写真 2016-07-06 10 06 32

昔のOSでは、「command」+「スペース」でかな変換ができたようですが、最近のOSでは「ctrl」+「スペース」に変わったようです。

実は、私も最初「command」+「スペース」を押していました。しかし、変換できないのでおかしいなあと思っていたのです。iPhoneのBluetoothキーボードなんかは「command」+「スペース」でかな変換ができるので、てっきりMacでも「command」+「スペース」でいけるものかと思っていました。

もし、「command」+「スペース」でいけない場合は、入力ソースのショートカットの設定を見直してみましょう。

「ctrl」+「スペース」になっている可能性が高いです。ちなみに私のMacBook AirのOSは、OS X El Capitan 10.11.5です。

スポンサーリンク

使いやすい日本語入力の設定

さて、無事に日本語が入力できるようになりましたが、これだけではまだ使いにくいです。

設定を少し変更して、文字入力の効率を上げましょう。

先ほどの、入力ソースの設定画面を開き、「カタカナ」と「英字」のチェックを外します。
スクリーンショット 2016-07-06 10.17.35

このチェックを外すことで、かな入力とアルファベット入力の2種類に絞ることができます。
写真 2016-07-06 10 23 00

初期設定のままだと4種類も出てくるのですが、正直要りません。Windowsでも2種類しかありませんしね。冗長なものはオフにしておきましょう。

また、「ライブ変換」もWindowsユーザーにとっては鬱陶しく感じるかもしれませんので、チェックを外しましょう。
スクリーンショット 2016-07-06 10.20.49

ライブ変換は、文字入力をしている途中で、スペースを押さずとも勝手に変換してくれる賢い機能です。使用してみて、順応できそうであれば使ってみてもいいかもしれません。お好みでどうぞ。

終わりに

ただでさえ初めてのMacなのに、USキーボードという難易度の高いものを渡されてしまいました。

プログラマーの方にはUSキーボードがいいみたいですね。

ただ、なかなか慣れるの大変ですし、かな変換がかなり面倒に感じています。

私はただの一般庶民なので、自分で買うときはJISキーボードにしようと心に誓ったのでした(笑)。

おしまい。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ