iPhoneの写真を管理するアルバムアプリ!保存するときの落とし穴!

iPhoneの写真をオシャレに綺麗に保存しておきたいな~と思い、いくつか無料のアプリをダウンロードしました。

たくさんあるのでとりあえず評価の高いものをダウンロードすると、かなりクオリティの高いアプリで満足しました。

ところが、ある落とし穴に気付いてしまったのです。

私が気になった写真管理できるアルバムアプリの落とし穴と、それを踏まえた上でのおすすめのアプリをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

クオリティの高いアルバムアプリ

まず最初に私がダウンロードしたアプリは「iフォトアルバム」です。

このアプリは写真を好きなように振り分けてアルバム単位で管理することができます。さらに、アルバムの中にアルバムを作成することができます。この機能はプリインストールされている写真アプリにはないので嬉しいですね。

カメラロールからiフォトアルバムに写真や動画を読み込むこともできますし、iフォトアルバムからカメラを起動して写真を撮り、そのまま保存することもできます。

アルバムの背景は変更することができます。私は水玉にしてみました。
写真 2015-03-21 18 14 34 (1)

他にも色々変更できる部分があるので、自分好みのデザインにして楽しむことができます。

しかし、このアルバムアプリには落とし穴があります。

それは、カメラロールから写真をこのアプリに読み込むと、読み込んだ写真の分だけ容量が増えてしまうということです。

アルバム管理アプリというのは、iPhoneの写真に直接アクセスしているわけではなく、アルバム管理アプリの中に写真をコピーしているのです。コピーした写真をアプリの中で整理しているだけです。そのため、カメラロールを開いても何も変化はありません。

つまり、読み込めば読み込むほど、写真がコピーされていき、容量が増えるのです。iPhoneの中に同じ写真が2枚保存されているのと同じなのです。

これはiフォトアルバムだけでなく、すべてのアルバム管理アプリに言えることです。iPhoneの仕様的にこのような方法を取らざるをえないのです。

試しに私もiフォトアルバムの中に写真を読み込んでみました。アプリをダウンロードしたときは28.9MBでしたが、14枚の写真を読み込んだところ、アプリ容量は43.5MBまで増えてしまっていました。

確かに写真を管理するのは便利ですし、デザインもオシャレなので使い心地が良いです。しかし、同じ写真をiPhoneの中に重複して保存していると考えると、無駄に容量を使っているようで嫌な感じになります。

頻繁に写真を撮るという人は、ただでさえ容量に気を使っていると思いますので、写真を管理するならプリインストールされている純正の写真アプリを使うことをおすすめします。
関連記事iPhoneの写真アプリはアルバムを活用せよ!整理する小技をご紹介!

スポンサーリンク

おすすめの写真管理アプリ

写真管理アプリの落とし穴をご紹介しましたが、実は容量を気にせず保存しまくれる神アプリが存在します。

それが、「Photti」というアプリです。

このアプリのすごいところは、容量を気にせず無制限に写真を保存できてしまうところなんです。

どういうことかと言うと、Googleが提供する写真共有サービスPicasaと連携することにより、保存した写真を随時アップロードするので、iPhoneにある写真を消してもクラウドに残るという仕組みなんです。

Picasaは、2048×2048以内のサイズの写真なら容量無制限、無料で保存することができるサービスです。Phottiは写真の保存先をアプリではなくPicasaにしているため容量が増えないのです。

アプリを起動するとGoogleアカウントのログイン画面が表示されます。ログインするとPicasaと同期されるようになります。
写真 2015-03-21 18 17 52

クラウドに無限に保存することができ、アルバム管理も簡単。iPhoneで写真をたくさん撮る人にはおすすめのアプリです。

iCloudでも写真をクラウド上に保存することができますが、ファイル操作や設定がいまいち使いにくいので私は使っていません。一方Picasaならブログへの連係も簡単です。

iPhoneで写真を管理するアプリを探していましたが、クラウドに保存できるものが見つかり、とても満足です(笑)。これからは写真を撮って撮って撮りまくります。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ