MacBook Pro 2016とSurface Pro 4を比較!どっちが買いか?

MacBook Pro 2016が表参道のApple Storeに展示されていると聞き、早速行ってきました。

日本では今のところココだけみたいです。

触ることはできませんが、かっこよく展示されていて、たくさんの人が見ていました。

Touch Barを見てきましたが、小さなディスプレイみたいな感じでした。

スマホチックな操作ができそうです。

ディスプレイにタッチするのではなく、Touch Barにタッチする。腕を動かす距離が短いので、作業効率は上がりそうです。

そして最も驚いたのは薄さです。

はっと息を飲みましたね(笑)。

展示されていたのはスペースグレイだったのですが、めちゃくちゃおしゃれです。12インチMacBookと同じ色合いでした。

ただ、1つだけ懸念していることがあるのです。

それは、重さ。

ぶっちゃけこの重さならSurface Pro 4でもいいんじゃないのかと思ってきたので比較します。

スポンサーリンク

スペック比較

モデルが色々あるので同等機種をピックアップして比較してみます。

MacBook Pro 13(Touch Bar付き)

CPU:Core i5
グラフィックス:Intel Iris Graphics 550
SSD:256GB
メモリ:8GB
ディスプレイ:2,560×1,600ピクセル 13インチ
バッテリー:ビデオ再生最大10時間
寸法:1.49×30.41×21.24cm
重量:1.37kg
インターフェース:Thunderbolt 3(USB-C) ×4、ヘッドフォンポート
カラー:シルバー / スペースグレイ
価格:193,104円

Surface Pro 4

CPU:Core i5
グラフィックス:Intel HD Graphics 520
SSD:256GB
メモリ:8GB
ディスプレイ:2,736×1,824ピクセル 12インチ
バッテリー:ビデオ再生最大9時間
寸法:1.33×29.21×20.14cm(Type Cover込み)
重量:1.081kg(Type Cover込み)
インターフェース:USB 3.0、Mini DisplayPort、microSDカードスロット、充電コネクタ、ヘッドフォンポート
カラー:シルバー
価格:190,296円(Type Cover込み)

寸法は変わらないも重量は重い

Apple StoreでMacBook Pro 2016を見たとき、13インチって意外と大きいなと思いました。

ただ、今こうやって数値を見比べてみると、Surface Pro 4とあまり変わらないんですね。

やはり変わるのは重量。

289gの差があります。iPad mini 4が298gなので、ほぼ1台分違うということになります。

そう考えると差は大きいなと感じますね。

私は持ち運んで使いたいので、できるだけ軽い方がいいです。

ただ、グラフィック性能はMacBook Proの方がいいですし、ベンチマークスコアもMacBook Proの方が上でしょう。

Surface Pro 4の性能は、MacBook Airに近いですね。

スポンサーリンク

価格差はあまりない

Surface Pro 4は単体で使うことはそうそうないので、Type Coverは必須でしょう。

そうなると、価格はあまり変わらないんですよね。

だったら、性能が良いMacBook Proを選ぶかとなりそうですが、やはり重さがネック(笑)。

結局好み

結局、Windowsが好きかMacが好きかという問題に落ち着くんですよね(笑)。

今のところ、MacBook Pro 2016の方に気持ちは傾いています。

というのも、MacのUIってすごく綺麗なんですよね。

使っていて気持ちがいいんです。

Windows 10も綺麗になってきてはいますが、もう1歩及ばない感じがしています。

Retinaディスプレイも、ピクセル密度で言えばSurface Pro 4に負けているにもかかわらず、鮮やかな発色で写真の再現性も素晴らしいです。

メインマシンとして使うことを考えれば、重さも我慢できるかもしれません。

それにトラックパッドが大きいというのも作業効率を上げるメリットですしね。

Type Coverのトラックパッドはちょっと小さいです。

せめてMacBook Proが1.3kg以下なら・・・こんなに迷わずに済んだのに(笑)。

重量と性能はトレードオフですね。

Touch Bar搭載モデルは2~3週間後の出荷とのことです。早く実機に触りたい!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ