iPhone7と7 Plusはどっちがいい?決め手はサイズではなくカメラ!

普通のサイズのiPhoneにするか、Plusにするかは、毎回悩むものです。

これまではサイズの違いしかなかったのですが、iPhone 7はサイズ以外に決定的に違うところがあります。

それは、カメラです。

iPhone 7 Plusの方だけデュアルカメラになっているのです。

デュアルカメラだと何がいいのかを知らない人が多かったので、ここで力説します(笑)。

どっちにするか決めるための参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

スペック

iPhone 7 Plus
CPU:Apple A10
メモリ:不明
ディスプレイ:5.5インチ 1920×1080ピクセル
背面カメラ:1200万画素(4K動画対応)
前面カメラ:700万画素
寸法:77.9×158.2×7.3mm
重量:188g
連続動画再生時間:14時間
ストレージ:32GB/128GB/256GB

iPhone 7
CPU:Apple A10
メモリ:不明
ディスプレイ:4.7インチ 1334×750ピクセル
背面カメラ:1200万画素(4K動画対応)
前面カメラ:700万画素
寸法:67.1×138.3×7.1mm
重量:138g
連続動画再生時間:13時間
ストレージ:32GB/128GB/256GB

iPhone 7についての詳しい内容はこちらの関連記事に書いています。iPhone 7 Plusもカメラ以外は一緒なので、ぜひ関連記事をご覧ください。
iPhone7のスペックは何が変わった?今までにない評判の高さはおサイフケータイと防水のおかげか?

カメラがすごい

iPhone 7 Plusには、F1.8の広角レンズとF2.8の望遠レンズの2つが搭載されています。F値が小さいほど明るい写真が撮れますが、一眼に比べると要となるセンサーが違うので、スマホのカメラは暗めに写ります。

しかし、2つのレンズがあることで、取り込める光の量が増え、より明るく、よりブレずに撮影することが可能です。

そして、2つのレンズがあることによる最大のメリットは、背景がぼかせることです。

一眼レフで人物を撮影すると、背景がぼけて人物を際立たせるような写真が撮れます。

それがiPhone 7 Plusで再現できるのです。

今までスマホで背景がぼかせるものと言えば、HUAWEI P9という同じくデュアルカメラを搭載した端末のみでした。

実際に撮影したこともありますが、綺麗にぼけてくれます。

なので、iPhone 7 Plusにも非常に期待しているのです。しかもiPhone 7 Plusはソフトウェア的にも最適なエフェクトをかけるように設計されているため、より一眼レフに近い写真を撮ることができるでしょう。

写真好きにとってこれは大きな進化です。

加えて、スマホカメラが苦手としていた光学ズームが2倍までできます。本当に嬉しい進化です(笑)。

光学ズームができるスマホと言えば、ASUSのZenFone Zoomくらいでした。しかし、ただズームができるだけなので、いまひとつ購入に踏み切れませんでした。

iPhone 7 PlusはいわばHUAWEI P9とZenFone Zoomのカメラ機能を合体させた良いとこどりの端末です。

しかも、それでいてデザインがすっきりしているんですよね。

HUAWEI P9はレンズ2つが丸見えなので、ちょっと恥ずかしさがありますし、ZenFone Zoomはカメラを押し出してごつい感じになっています。

それに比べ、iPhone 7 Plusは2つのレンズを覆ってすっきりした背面になっています。

私はiPhone 7 Plusのデザインの方が好きですね。

スポンサーリンク

どっちが買いか?

どっちを買うかと問われると私はiPhone 7 Plusを選びます。

やはり、カメラの性能アップは大きいです。しかも4K動画も撮れるので、静止画動画ともに強いカメラになりました。

5.5インチという大きさのスマホを使ったことがないので、新しいものを持つワクワク感も楽しめると思います。

もし、iPhone 7もデュアルカメラだったのなら、iPhone 7にしていたでしょう。

現状ではスマホのカメラで満足できないで、ミラーレス一眼を持ち歩いていますが、デュアルカメラの性能によっては、ミラーレス一眼を持ち運ぶこともなくなるかもしれません。

そうなると、荷物が減ってスマートになれます。

iPhone 7 Plusでどんな写真が撮れるのか楽しみです。

こちらの記事もおすすめです。
iPhoneの格安SIMに楽天モバイルをおすすめする3つの理由!通信速度とデメリットを考察!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ