スマホ手袋【メンズ】おすすめのブランドはコレでしょ!

冷たい。

凍りつくように冷たい。

指が。

どうもこんにちは朝日奈光一です。

冬になるとかなり悩まされる問題があるんです。

それが手足の冷え。

俗に言う末端冷え性というやつです。

でもひどい人は夏でも手足が冷えていると言うので、冬限定の私は冷え性ではないのかな?

ちなみに女性に冷え性が多いのは筋肉が少ないからという話を聞いたことがあります。

ゆえにマッチョに冷え性はいないそうです。

ということは私は筋肉がないのか・・・(汗)。

冬は手袋が必須ですが、いちいち手袋をはずしてスマホを操作するのは億劫ですよね。

ほんのわずかでも冷気に指をさらすなんて嫌です。

ということでスマホ手袋を探しました。

条件は暖かくておしゃれであること!

すいませんがメンズ目線でのご紹介となります!

スポンサーリンク

スマホ手袋を探す上での注意点

手袋を買う上で大切なのはサイズです。

ゆとりのあるものを買ってしまうと、たとえわずかな隙間であったとしても温まりません。

また、手袋はずっと使っていると伸びるので気持ち小さめのものを選ぶのがベストです。

さらに、スマホ対応のものを買う場合は、どの指がタッチできるかということを確認しなければなりません。

大体のものは親指と人差し指と中指が対応していますね。

しかし、わがままな私はできれば全ての指に対応していて欲しい!なんなら手のひらでも反応するやつがいい!と思って探していたらあったんです。

サイズが選べておしゃれで暖かくて全指・手のひら対応の夢のような手袋が!

おすすめのメンズのブランド・ハリスツイード

みなさんはハリスツイードというブランドをご存知ですか?

私は知りませんでした(笑)。

ですがハリスツイードは結構有名なブランドのようで、スマホ手袋もメンズ・レディース問わず色々なものを出しています。

このブランドの中に私が欲するメンズのスマホ手袋が見つかりました。

それがこちらです。

どうですか!

まず第一印象はおしゃれ!

見た目は本当に重要なポイントですよ。人は見た目が9割なんていう本があるくらいですからね。デキる人が付けている印象ですよね。

しかも革なので暖かい!

特に私が気に入ったポイントは全ての指で操作可能ということ。さらに手のひらも対応しています。

私の理想をすべて叶えてくれました(笑)。即行でポチりましたね。

みなさんもスマホ手袋を買う際は何を重視するかということを念頭に置いておくといいものに出会えると思いますよ!

スポンサーリンク

スマホ手袋の仕組み

スマホのディスプレイは静電容量式というタッチパネルを採用しています。

これは指が触れた場所の電気的変化で反応する仕組みになっています。

人間は電気を持っていますから、それに反応するわけです。

しかし、普通の手袋では電気を通さないので電気的変化も起きません。

そのため、スマホを操作できないのです。

スマホ手袋は繊維に金属を混ぜており、人体の電気をスマホに伝えているのです。

人体の電気をスマホに伝えないといけないので、厚手の手袋だとその分含ませる金属量も多くなります。

人体の電気を手袋の金属が仲介しているわけですね。

ですので、手袋全体でスマホを操作できるタイプは値段が高いような気がします。

最後に私の苦労話にお付き合いください

末端冷え性とは言ったものの、私は暑がりです。

冬でも人より1枚少なく服を着ています。

暖房が効いた部屋でも暑く感じることがしばしばあります。

ですが、手足だけは冷えるので本当に面倒くさいんです。

早いときは10月下旬から手袋を付け始めます。

薄着なのに手袋をしているってホントに変な状況です。

あの人もう手袋してるー!なんて後ろ指さされていないか不安です(笑)。

まあ10月から11月は薄めの手袋でも大丈夫です。

スマホ手袋でも薄いやつなら安くで売っていますしね。

この前用事でドコモショップに行ったときにもスマホ手袋を貰いました。

愛用していましたが、5日目にして木にひっかけて破れました(笑)。

そこで100円ショップで新しいのを買って使っていたのですが、12月ともなるとこんな薄い手袋じゃまるで意味がないんです。

そこで厚い手袋を買おうと思ったんですけど、スマホ対応しているやつはなかなかの値段です。

私は手袋は消耗品と考えていたので安いものをと思っていたのですが、この際そんなこと言ってられません。

長く使えてどうせならメンズのおしゃれなやつないかなということで今回楽天でひたすら探しました。

実店舗で探すのはなかなか時間がかかりますからね。

みなさんも冷え対策はしっかり行ってくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ