TransBook T90 Chiの開封レビュー!価格も手頃な最強のモバイルPCだ!

様々な状況が重なったため、今回ASUS TransBook T90 Chiを購入しました。

まず、私の持っているノートPCが限界を迎えつつあることです。7年目を迎えたWindows Vistaで、動きが遅く、常にファンが回りっぱなしです。しかも、メモリが2GBという低スペック。

一応バックアップは取っていますが、データにアクセスするだけでもひと苦労という状態なので、ノートPCの買い替えを検討していました。

色々探してみた結果、私に一番合っていたのはTransBook T90 Chiでした。

スポンサーリンク

TransBook T90 Chiを買った理由

最有力候補はSurface Pro 3でした。しかし、時期的にもうすぐSurface Pro 4が出るのではないか?と思ったので、それなら新しいのが出るまで待とうと思いました。ただ、Surface 3が発表されたのでSurface Pro 4が出るのはもっと先になった可能性もあります(笑)。

そうは言っても今すぐに新しいノートPCが欲しい状況です。ですので、Surface Pro 4が出るまでの繋ぎのものを購入しようと考え始めました。

そこで候補に挙がったのは値段が手頃なWindowsタブレットです。とりあえず重い作業はしない(というか今のノートPCでは処理遅すぎてできない)ので、Windowsタブレットで十分じゃないかなあと思ったのです。マウスとキーボードをつければPCとして使えますしね。

まず、候補に挙げたのはlenovoのYoga Tablet 2 with Windowsの10インチモデルです。キーボードが付いていて、しかもトラックパッドまであります。これ1台持ち運べばどこでもブログが書けそうだと妄想していました。
関連記事YOGA Tablet 2 with Windowsがキーボード付きなのに軽い!

ところが、ヨドバシカメラへ行くと、Yoga Tablet 2の隣にTransBook T90 Chiが置いてあったのです。

その瞬間一目惚れしました。なんてコンパクトな筐体なんだ!と。

今まで、8インチのWindowsタブレットにはキーボードが付属したモデルはほとんどありませんでした。Venue 8 Proぐらいです。しかし、Venue 8 Proでもキーボードやらスタンドやらを揃えだすと、重さが900g近くになりますし、分厚くなって荷物も増えます。

ところがTransBook T90 Chiはキーボードと一体型なのでスマートで、しかもキーボード込みでも重さが750g!かなり軽い部類に入ります。トラックパッドが無いのでマウスを持ち運ぶ必要がありますが、それでも十分合格ラインです。

薄さと軽さが正義の私にとって、これほどコンパクトにまとめてきたASUSに惚れてしまいました。

TransBook T90 Chiを見て思ったのは、かつてのsonyが販売していたVAIO Pです。あのコンパクトさは良かったです。デザインもオシャレだし、新しいモデルが出ないものかと熱望していました。

ですがASUSが出してくれました。即買いです(笑)。

また、決め手になったのはコンパクトさだけではありません。CPUがこれまでのWindowsタブレットの中でも最新のものを搭載していて、処理性能が向上していたからです。

しかも値段もそこそこ安いというのもポイントでした。ヨドバシカメラでは6万円を超えていたのに、楽天で買うと54,000円という安さ。私が買ったのは64GBのOffice搭載モデルなので、このくらいの値段でしたが、32GBモデルなら4万円ちょっとで買えます。

ただ、32GBモデルはOfficeが付いていません。たった1万数千円の差でストレージが2倍になって、しかもOfficeが付くなら64GBモデルの方がお得だなと思ったのでこっちを買いました。

追記
価格が改定され、Windows 10搭載モデルが激安で登場しました。詳しくは後述します。

スポンサーリンク

外観レビュー

では外観を見ていくことにします。

キーボードを接続していると、完全にノートPCです。閉じた状態もすっきりしていて美しい。
写真 2015-04-29 10 44 41-tile

ちなみにキーボードはBluetoothなので、物理的に繋がっているわけではありません。そのため、本体を外してもキーボードを打つことができます。
写真 2015-04-29 10 48 09

タブレット本体を見てみましょう。薄さ7.5mm、重さ400gというコンパクトさ。8.9インチのディスプレイながら薄型軽量化に成功しています。
画像

右側面には電源ボタンと音量ボタンがあります。左側面はキーボードとドッキングする部分なので、何もありません。写真がわかりづらくてごめんなさい。
写真 2015-04-29 10 50 20

上側はmicroSDカードを入れるスロットと、イヤホンジャックがあります。microSDカードはmicroSDHC、microSDXCに対応しています。また、ステレオスピーカーがあります。
写真 2015-04-29 10 50 51

下側にはmicroUSB2.0ポートがあります。充電もここからします。付いている位置が絶妙で、キーボードを付けたときに右下に来るようになるので、マウスなどを接続してもちょうどいい位置に来るのです。よく考えられています。さらに、ステレオスピーカーもついています。両側面にステレオスピーカーが搭載されており、かなり音質が良いです。
写真 2015-04-29 10 51 10

キーボードにはBluetoothのON/OFFスイッチが付いています。また、左側面に充電用のmicroUSBポートがあります。本体を充電するACアダプターと兼用します。
写真 2015-04-29 10 51 25-vert

充電用のACアダプターです。コンパクトです!普通のノートPCならACアダプターもそれなりの重さがあるので持ち運びが億劫になるものですが、TransBook T90 ChiはタブレットなのでACアダプターも小さく、持ち運び楽々です。
写真 2015-04-29 11 23 40

大きさを見てみます。とりあえずiPhone6と比べてみました。縦幅はほぼ一緒。横幅はiPhone6が3.5台分ぐらいです。
写真 2015-04-29 10 53 15

小さ目のショルダーバッグにもすっぽり入ります。
写真 2015-04-29 10 54 18-vert

YouTubeに動画をアップロードしたので、張っておきます。ちなみにこの動画もTransBook T90 Chiで編集しました。

スペック

CPU:Atom Z3775
ディスプレイ:8.9インチ 1,280×8,00ピクセル 光沢
メモリ:2GB
ストレージ:32GB/64GB
カメラ:アウト500万画素 イン200万画素
寸法:タブレット本体 241×137×7.5mm タブレット+キーボード 241×137×16.5mm
重量:タブレット本体 400g タブレット+キーボード 750g
バッテリー駆動時間:9.9時間
インターフェース:microUSB2.0、microSD/microSDHC/microSDXC、イヤホンジャック、マイク
OS:Windows 8.1 with Bing 32bit

モバイルに最強の端末

TransBook T90 Chiを1週間ほど使ってみたのですが、最高です(笑)。持ち運びやすさはピカイチなのではないでしょうか。

ノートPCを持ち運ぶだるさの壁をグッと下げてくれました。ボディバッグにも入ってしまうコンパクトさですからね。

私はカフェに持って行って、ドヤ顔で使っていました(笑)。ブログ更新がはかどります。これさえあればどこでもブログが書けます。手放せなくなりました。

ACアダプターも軽いので、一緒に持ち運んでも苦ではありません。

気になる性能面ですが、ブログ更新には何も問題ありません。また、Officeを使ってみましたが、普通にサクサク動いたのでびっくりしました(笑)。

そしてもうひとつ驚いたのは、動画編集もこなせてしまうことです。

Windowsムービーメーカーをダウンロードして、YouTubeにアップする用の動画を編集したのですが、特に重くなったりとかひっかかったりとかいう現象はなく、サクサク編集することができました。これは一番嬉しかったポイントです。しかもYouTubeへのアップロードも通常通り簡単に行えました。

ただ、私の言う動画編集とは、カットやトリミングをして音楽を付けるくらいの簡単作業です。

Adobeとか入れ出すとさすがに重くなると思います(笑)。私の使い方ではTransBook T90 Chiの性能で十分でした。

TransBook T90 Chiはこれまで発売されてきたWindowsタブレットに比べると、最新のAtom CPUを搭載しています。これがなかなかなパフォーマンスを発揮してくれているようです。

ちなみにOSがWindows 8.1 with Bingなので、IEを開くとBingがトップページに現れます。そこは設定で変更できそうです。ただ、IEは何となく重いな~という印象があります。代わりにGoogle Chromeを使っているのですが、かなり軽快です。ブラウザはやっぱりChromeがおすすめですね。

気軽に持ち運べるモバイルPCを手に入れたことで、どこでも作業ができるようになりました。これから使い倒して、気づいたことなどをレポートしていきたいと思います!

追記
Windows 10搭載モデルならOffice付き64GBで3万円台という破格になりました。

マイクロソフトの快進っぷりがすごいですね。

関連記事T90 ChiにタッチパッドがないからBluetoothマウスを接続してみた!
関連記事TransBook T90 Chiのレビュー!良いところやメリットをご紹介!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ