iPhoneで空メールを送れない?いえ、実は簡単な送り方があります!

iPhoneでネットをしていると、たまに会員登録をする場面に出くわします。その際に、メールアドレスの登録として、空メールを送信しなければならないことがありますが、なんとiPhoneでは空メールが送れません!

でも、とある操作をするだけで簡単に送れるんです。その方法をご紹介します。

本文に何か入力して消すだけ

まず、メールの新規作成画面を開いたばかりのときは、「送信」ボタンが押せません。
写真 2015-09-19 19 34 11

これでは空メールを送信できません。

ではどうすればいいかというと、本文に何でもいいので文字を入力します。
写真 2015-09-19 19 31 07

そして、その文字を消します。すると、空の状態でも「送信」ボタンが押せるようになるのです。
写真 2015-09-19 19 31 48

ビジネスシーンを意識したiPhone

そもそも件名も本文もないメールを送るなんて非常識極まりないことです。そのため、うっかり送信してしまわないように、iPhoneはこういった制限をしているのでしょう。

署名機能にしても、プライベートでは使いませんが、ビジネスでは当たり前に利用されます。

iPhoneはビジネスシーンを意識して機能を備えているのでしょう。

ただ、その機能が裏目に出ることがあるので、機能による問題を解決するには、利用者の知識も必要になってきますね。

関連記事iPhoneで引用返信しない設定をする方法はないのか?消すしかない?

スポンサーリンク

朝日奈光一の無料メール講座


僕が今もなお稼ぎ続けているブログ運営術や自分の好きなことをビジネスにする方法、趣味や遊びに全力を注いで心から楽しめる生活を実現する方法など、毎日を輝かせるライフスタイル学を発信しています。コーヒー片手にお気軽にお楽しみください。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です