WiFiとBluetoothが干渉した際の対策!これで解決しました

秀逸なデザインに一目惚れしてしまい、Bluetooth 4.0にも対応しているからとArc Touch Bluetooth Mouseを購入しました。

しかし、TransBook T90 Chiに接続してみたところ、なんとWiFiと干渉を起こしてしまいました。

Arc Touch Bluetooth Mouseの電源をオンにすると、WiFiがつながらなくなるのです。これではネットもできません。

非常にがっかりしましたが、調べに調べまくったところ、一応の解決することができました。

機器との相性の問題もありますので、全てがこの方法で解決できるとは限りませんが、私が解決した方法をご紹介します。

スポンサーリンク

干渉を解決する方法

まずはチャームの設定からコントロールパネルを開きます。
スクリーンショット (70)

「デバイスマネージャ」と検索して開きます。
スクリーンショット (72)

「ネットワークアダプタ」の中の「Broadcom 802.11abgn Wireless SDIO Adapter」をダブルクリックします。
スクリーンショット (73)

「詳細設定」タブを選択し、「Bluetooth Collaboration」の値を「Disable」にします。
スクリーンショット (74)

TransBook T90 ChiとArc Touch Bluetooth Mouseの場合は、これで干渉を解決できました。

Bluetoooth CollaborationというのはBluetoothとWiFiが干渉しないように設定するものらしいですが、なぜかAutoやEnableにすると干渉してしまいます。本来ならEnableにすれば干渉が起こらなくなる気がするのですが・・・。詳しいことはよくわかりません(笑)。

しかし、たまにマウスポインタが引っかかることがあります。

「引っかかる」とは、マウスポインタが1~2秒ほど操作不能になり、マウスを動かし続けると操作が可能になるという状態です。

一瞬接続が切れているような感覚です。

主に、重い処理をしているときや、しばらく操作をしなかったときに接続が途切れている感じがします。

これは人によってはストレスに感じるかもしれません。

私はもう慣れたので引っかかっても大丈夫です(笑)。

スポンサーリンク

機器の相性に泣かされる

どうもTransBookシリーズはMicrosoftの機器との相性が悪いようです。

Arc Touch Bluetooth Mouseの他にも、Designer Bluetooth Mouseでも干渉を起こしたとの口コミを見ました。

過去のTransBookは、付属のBluetoothキーボードでさえもWiFiと干渉を起こすことがあったそうです。

そんな中、ロジクールのBluetoothマウスだけは正常につながったとの情報もあります。

どんなに優れた製品でも、やはり機器の相性というのは避けて通れません。

無線機器を買う際は徹底した下調べが必要ですね。

しかし、もし相性が悪かった場合には、上記の解決方法を試してみて下さい。

もしかしたら、解消されるかもしれません。

動画でも解説しました。

スポンサーリンク

One Response to “WiFiとBluetoothが干渉した際の対策!これで解決しました”

  1. tutoko より:

    管理人さま
    asus Vivotab Smart + Bluetooth キーボード + Bluetooth マウスを使用していていたのですが、ウィルスソフトのアップデートをしてから、再起動を繰り返すようになり、結局、泣く泣く、リフレッシュしました。リフレッシュは、データやメール、設定などは残るのですが、Windows8.1 が8に戻ってしまい、Windows update を206個もして、また、8.1に戻しました。そうしたら、キーボードとマウスの両方が使えなくなり、大泣き。使用しているwifi を5GHz に変更すれば良いのですが、このタブレットは2.4GHzのみで、ほとほと困っている時、貴ページにたどり着き、簡単な手順でやっと解決しました。本当に助かりました、ありがとうございました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ