会社員というリスキーな生き方

どうも、朝日奈です。

先日から情報を解禁させてもらいました僕のコンサル&コミュニティ企画hidamari。

先行予約をしてくれた方が着々と増えてまいりました。

hidamariはすでに去年からの継続メンバーもいらっしゃいますので、新規での募集は超少人数となっています。

募集の案内は先行予約をいただいた方からお送りしますので、早めのご予約をおすすめいたします。

hidamariの先行予約はこちら








※先行予約をしても、参加が確定するわけではありません。当日の案内メールから申し込み手続きを完了させて初めて参加確定となります。

また、企画概要を紹介した予告動画も公開していますので、まだご覧になっていない場合はぜひこちらからチェックしてくださいね。

会社員というリスキーな生き方

僕は学生の頃から、就職することこそ安定した生き方だと思っていました。

特に大企業なら将来安泰だろうなと。

しかし、実際に就職してみてわかったのは、全然安泰じゃない、むしろリスキーなのでは?ということでした。

例えば、理不尽なことに我慢しなければならないこと。

マイホームを建てた直後に転勤を言い渡され、1回も住むことなく別の地に移ったり、

出世街道だからと家族と離れ無期限で海外に行かされたり、

残業代つけられないからとサービス残業が当たり前になっていたり。

そんなことを先輩に聞いたものですからゾッとしました。

自分が嫌だからといって断れば、会社にいられなくなるので従うしかないのです。

普段の業務にしてもそうです。

毎日夜遅くまで上司の顔色を伺いながら残業をして、土日は溜まった疲れを取るために寝るだけで終わってしまう日々。

自分の時間を持てないので自由がありませんでした。

『若い内は未熟だから我慢が大切だ』とよく言われますが、社会人になるということは我慢しろということなのでしょうか。

でも、ひたすら耐えることが仕事の目的ではありません。

こういった価値観のせいで、『仕事は辛いものだから働きたくない』と思う人が増えるのでしょう。

そして耐えられなかったら『最近の若者は打たれ弱い』と非難され・・・

でも決して、不自由なことや理不尽なことに耐えられないのが打たれ弱いことにはなりませんよね。

むしろ、おかしいことはおかしいと感じられる方がよっぽど健全ではないでしょうか。

毎月の給料と引き換えに自分の人生を会社に捧げているようでは、何のために生きているかわからなくなってしまいます。

そして、ちょっとここで考えてほしいことがあります。

給料は確かに毎月入ってきますが、1つの会社からしか給料をもらえない状態だと、とても危険なんです。

わかりやすくするために、自分自身を会社に例えてみます。

じぶん株式会社です。

会社って、顧客や仕入先は1つじゃありませんよね?

何社とも取引してリスク分散をしています。

それと同じで、じぶん株式会社も取引先が1社だけだった場合、その1社がなくなると潰れてしまいます。

つまり、会社の給料だけに依存していると、会社に何かあったときに生活が立ち行かなくなるのです。

今や大企業でさえクビを切る時代です。

だから僕たちは、会社に頼らずに稼ぐ力を身に付けなければなりません。

そこでおすすめなのが、hidamariでご紹介しているWeb上にブログやメルマガなどの仕組みを作って収入を自動化させるような働き方です。

僕は会社での理不尽から抜け出したくて、副業でブログに挑戦して月収10〜20万円を安定して生み出せるようになり、メルマガを使った情報発信で月収300万円を稼げるようにもなりました。

収入源を複数作ったことで、会社の不自由さからも解放されたのです。

そのおかげで、自分の時間も自由に使えるようになりました。

朝は満員電車に巻き込まれることもなく、カフェの窓際の席で陽の光を浴びながらゆったりコーヒーを飲み、そのままMacBookを広げてサクッとシゴト。

午後は起業家仲間と遊んだりジムへ行ったりマーケティングの勉強をしたり様々です。

遠出するときだって、混雑の少ない平日の航空券をとって自由気ままに移動します。

飛行機も、空港も、新幹線も、タクシーも、全てがシゴト場となり、移動中にその日のシゴトを終わらせてしまいます。

終電ぎりぎりまで会社で好きでもない仕事をしてプライベートを犠牲にしていたあの時とは、まるで違う人生を送れるようになりました。

これは僕が才能があったからできたわけじゃなく、稼ぎやすい媒体を使ったからできただけです。

コンサル生たちが結果を出しているのも、稼ぎやすいやり方で実践してきたからです。

僕は会社員を早く抜け出すため、学びに自己投資して正しい方向に努力してきました。

嫌な環境から抜け出したいと思う気持ちは行動力を高めます。

負のエネルギーも原動力に変えていきましょう。

なぜ朝日奈を選んだのか?

現メンバーたちも、現状を変えようと僕のコミュニティに入り、行動されてきました。

そんなメンバーたちから感想をいただいたので、少しご紹介させていただきますね。

 

【いのっちさん / 20代・接骨業界勤務】

朝日奈さんのコミュニティに1年参加させてもらいました。いのっちと言います。

僕がこのコミュニティに参加したのは、ブログを始めて約1年の時で、上手くいかずこのままブログを続けていっていいのか迷っていた時でした。

そんな相談を朝日奈さんに親身に乗って頂き、具体的なアドバイスをくださったことで参加させて頂きました。

朝日奈さんのコンサルはレスポンスが早く、具体的なアドバイスをくれるので目に見えて修正ポイントが分かるのがとても良かったです。

1人での作業はモチベーションが維持できないのですが、定期的なコラムやリアルな実践会でマインドを整えてくれたり、コミュニティの仲間達に会うことでやる気を維持することができました。

僕自身、自ら発信・発言することが苦手でしたが、朝日奈さんのコミュニティに入ったことで前向きで行動的になれたと実感しています。

コミュニティのおかげで、とても成長できた1年を過ごすことができましたし、これからもさらなる成長ができそうな予感がしています!

 

【TATSUさん / 30代・自営業】

朝日奈さんのコミュニティに参加したのは、好きなことをブログに書いて稼ごうというコンセプトに惹かれたからです。

それまでもトレンドアフィリエイトなどの手法を試したことはあって、芸能人のネタやニュースのネタをブログに書いて、アクセスを集めるということはやっていたのですが、一時的にお金は稼げても、そもそも芸能人のスキャンダルなどに興味がないのでやっていても楽しくないし、なかなか続けられないことが多かったです。

でも朝日奈さんに学ぶことで、自分の好きなことや得意なことを書いてもちゃんと稼げるんだということが分かりました。

実際に成果も出始めていますし、楽しく自分のブログを運営できています。

また朝日奈さんの人柄も魅力的で、文章やYouTube動画での話し方などからもその誠実な雰囲気は伝わると思いますが、定期的に開催される実践会で実際にお会いしても、ネットで稼いでいる人にありがちなギラギラした雰囲気は一切なく、物腰が柔らかいすごく普通の人なんですね。(褒めてますw)

だからこそいつでも気軽に質問もしやすいですし、質問をすれば必ず的確な返事をいただけるという安心感も素晴らしかったです。

これから好きなことをブログに書いて稼いでいきたいという人にとっても、朝日奈さんは常に寄り添ってくれるコーチのような存在になってくれることと思います。

 

いのっちさん、TATSUさんからの感想をご紹介させていただきました!

僕たちはこれまで、生まれてきた家庭、育ってきた学校、就職した会社など、ひとつの決められた環境にいることしかできませんでした。

その環境に馴染めなければ行き場をなくしてしまうので、損得勘定での人付き合いも強いられてしまいます。

そして、その狭い人間関係の中で生き抜く価値観が形成されてしまい、自分を犠牲にするようなおかしな常識に翻弄されてしまうのです。

ですが今は、自分が幸せになれる居場所を選ぶことができます。

社会の常識に縛られて理不尽なことに耐え続けながら不安な毎日を過ごすのか。

それとも、

志高い仲間とともに現状を変えて何にも縛られない自由を手にするか。

あなたはどちらを選びますか?

もし今のままでは将来に希望がないと思っているなら、ぜひhidamariへご参加ください。

hidamariは、自分らしく自由に生きたいと一歩踏み出す人を歓迎します!

僕たちと一緒に頑張っていきましょう!

それでは!また明日メールいたします!

P.S.

hidamariは超少人数制・先着順なので、少しでも興味を持たれた場合は早めの先行予約をお願いいたします。

hidamariの先行予約はこちら








※先行予約をしても、参加が確定するわけではありません。当日の案内メールから申し込み手続きを完了させて初めて参加確定となります。

募集当日は先行予約をされた順番に募集開始の案内メールを差し上げますので、早く予約すればするほど案内をすぐ受け取れます。

確実に案内を受け取るためにも、早めの先行予約をおすすめします。

P.P.S.

予告動画をまだご覧になってない場合はこちらからどうぞ!

hidamariのご案内

1通目:【予告動画Vol.1】新コミュニティ始動×損得勘定に縛られない生き方を
2通目:収入の上限をぶっ壊そう
3通目:会社員というリスキーな生き方←今ココ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です