iPhone6でSuicaを使うならケースを慎重に選ばなければならない!

iPhone6が発表されたとき、ついにNFCが搭載!かざすだけで支払いできる!おサイフケータイ使える!Suica使える!やった!とテンション高くなったのを今でも忘れられません。

しかし、iPhone6がNFCを搭載したからといって日本でおサイフケータイやSuicaが使えるようになったわけではありません。

私の情弱っぷりにほとほとあきれました(笑)。

ですが、この辺の専門用語や仕組みが全然わからなくて、混乱した人もいるのではないでしょうか。

ということでNFCとは何なのか、iPhone6でSuicaを使うためにはどうすればいいのかをご紹介します。

スポンサーリンク

NFCについてざっくり解説

情弱なので詳しい説明をできないのですが、おおざっぱに言うとNFCというのは非接触ICカードの通信規格全てをひっくるめた総称です。

この中に、FelicaType-AType-Bという無線通信規格があるのです。

日本のおサイフケータイというのはFelicaのことを指しています。

SuicaやEdyやiDといったおサイフケータイは全部Felicaなのです。

このFelicaを作ったのは日本が誇る大企業ソニーです。

さすがソニー。世界の基準となる規格を作り上げてしまうんですから。

ブルーレイの規格もソニーが発表したものでしたよね。

Felicaはアジアを中心に普及していますが、一方欧米はType-AやType-Bが使われているのです。

Type-AやType-Bは海外企業が作った規格で、コストが安いというメリットがあったため欧米で急速に普及しました。

それに対しFelicaは通信速度が速いというメリットからSuicaなどの交通系ICカードに使われています。

東京なんてあれだけ人の出入りが激しいんですから速さが重要なわけです。

それにソニーが作ったものなんだから日本としてはFelicaを優遇したかったと思います。

FelicaとType-A、Type-Bはライバル関係にあるわけです。

iPhone6と同時に発表されたApple Payというのはお察しの通りType-A、Type-Bに対応した決済サービスです。

iPhone6はNFCを搭載したと言いましたが、Felicaには対応しませんでした。

ただ、わざとFelicaだけを対応させなかったのではなく、技術的によくわからなかったんじゃないかと私は思っています(笑)。

というのも、iPhone6発売前に、おサイフケータイには対応しているのかという消費者の疑問に、各キャリアはAppleに聞いてください、と把握してない模様。

そしてAppleは日本の対応については沈黙・・・。

これってAppleもFelicaとType-A、Type-Bに互換性があるかどうかを把握していなかったからじゃないか?と思っていますが、そんなことありませんかね(笑)。

実際、各規格同士で「上位互換性はある」と謳われています。

いやいや上位互換性って何ですか。

そんな曖昧な表現があるからおサイフケータイが使えるとか使えないとかの議論が出てくるのです。

結局互換できてないんだからNFCという広義の言葉でまとめたかっただけなのでは?

何はともあれ大人の事情でiPhone6でおサイフケータイは使えないのです。

また、Apple Payが日本に入ってくることも当分はなさそうですね。

スポンサーリンク

iPhone6でSuicaを使うには?

でもiPhone6でSuicaを使うのをあきらめたくないですよね。

これはベタな方法かもしれませんが、一番いいのはSuicaをiPhone6とケースの間に挟むことです。

この方法はiPhone6以前からやっている人もたくさんいますよね。

ただ、これをやるには注意が必要です。

iPhone6は中途半端にNFCを搭載しているので、Felicaポートに近づけると電磁波が干渉を起こしてうまく通過できなかったりiPhone6の挙動がおかしくなったりする場合があります。

ですので、ケースに挟む場合は干渉防止シートをiPhone6とSuicaの間に挟む必要があります。

これらの分若干厚みが出ますので、ぴっちぴちのケースの場合入らない恐れがあるので、もしSuicaを使いたいと考えている方は慎重に選んだほうがいいと思います。

ちなみに手帳型ケースのカード入れにSuicaを入れていても干渉を起こすようなので、干渉防止シートは必須です。

ただ、チャージするときにいちいちケースを取り外さないといけないのは面倒ですね(汗)。

まあ、NFCもスマホの電池が切れたら使えないという弱点がありますがね。

AppleがFelicaに対応してくれるまではこれで我慢しましょう。

関連記事iPhone6のケースには手帳型のおしゃれなレザーを選ぼう!

ドコモから画期的なアイテムが登場

ドコモからiPhone6に装着できるおサイフケータイジャケットが発売されました。

jaket

iPhone6に専用アプリをダウンロードして、Bluetoothで通信することでおサイフケータイの管理ができるそうです。

ただし、1つ問題があります。

Suicaに対応していません!

これじゃ何のためにデザインを犠牲にして重くしてまでジャケットを付けるのかわかりません(笑)。

ドコモが推してるiDを使って欲しいのでしょうか。

ということでSuicaをiPhone6で使うなら、ケースに挟むのが一番ですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ