Surface 3とiPad Air2を比較してどっちがいいか決めた!

ついにSurface 3が発売されました。

事前予約も多かったようで、幸先の良いスタートを切りました。

タブレットとして使いやすい薄さと軽さを目指したとのことですが、薄さと軽さが正義だと思っている私にとっては、かなり気になります。

タブレットの人気どころと言えばiPad Air2ですが、これと比較した場合、どっちが買いなのか考えてみました。

スポンサーリンク

スペック比較

両者のスペックを比較してみます。

Surface 3

OS:Windows 8.1 Update 64bit
ディスプレイ:10.8インチ 1920×1280ピクセル
CPU:Atom x7-Z8700(1.6GHz、最大2.4GHz、クアッドコア)
メモリ:2GB/4GB
ストレージ:64GB/128GB
重量:641g(本体)、906g(タイプカバー込み)
寸法:26.7×18.7×0.87cm(タイプカバー込みの薄さ1.37cm)
インターフェイス:USB 3.0、microSDカードスロット、Mini DisplayPort
バッテリー駆動時間:10時間
カメラ:800万画素(アウト)、350万画素(イン)
その他:キックスタンド3段階

 

iPad Air2 Wi-Fiモデル

OS:iOS8
ディスプレイ:9.7インチ 2048×1536ピクセル
CPU:64ビットA8Xチップ
メモリ:2GB
ストレージ:16GB/64GB/128GB
重量:437g
寸法:24.0cm×16.95cm×0.61cm
インターフェイス:Lightningコネクタ
バッテリー駆動時間:10時間
カメラ:800万画素(アウト)、120万画素(イン)

Surface 3について思うこと

Surface 3の優れているところと言えば、それはもうWindowsであることという一言に尽きます。

タブレットでありながらWindowsが動くのです。

つまり何でもできます。

スペックも、Surface Pro 3の廉価版とはいえ、体感処理スピードはCore iに匹敵します。

これでブログが書けたらなんてオシャレなんでしょう。

ちなみに私はSurface 3よりもスペックが低い、TransBook T90 Chiを使用していますが、このスペックで困ったことはありません。

Officeもサクサク、動画編集までもサクサクできてしまう、ブログ更新なんてお手の物、そんな状況なので、Surface 3ならもっと快適に動くことでしょう。

これを持ってスタバに行きたい!

そういえば発売日のセレモニーでMicrosoftの社長が、「スタバに行くと果物が付いたPCばかり。見飽きたでしょう?」とジョークを飛ばしていました(笑)。

これからはMacBook AirじゃなくてSurfaceが流行るのよってか(笑)。

どちらもオシャレなので甲乙付けがたいですね。

話は戻りまして、Surface 3はタブレットしても使いやすい薄さと軽さになったということですが、実際はどうなのでしょう。

薄さはタイプカバー込みで1.37cmということなので、まあ許容範囲でしょう。

しかし、重量はタイプカバー込みで907gです。

これはさすがに重いです。

私の想像するタブレットの使い方は、手に持って操作するのが前提です。

907gは重すぎて持てません(笑)。

テーブルに置いて、ペンやタッチ操作でタブレットとしても使えますよ、というアピールだとしたら、これまでのSurfaceと変わりません。

わざわざタブレットとして薄く軽くなったと言わず、Surface史上最薄最軽量を謳う方が正しいです。

タブレットとしてはちょっと残念な印象があります。

スポンサーリンク

iPad Air2の優れているところ

これはXperia Z4 Tabletとの比較記事でも書きましたが、アプリが秀逸なところです。優れていると思うところは関連記事に書いてあるので割愛します。
関連記事Xperia Z4 TabletとiPad Air2を比較!どっちがいい?私はこっち!

iPad Air2は、デザインもオシャレなアプリが多く、使っている人の気持ちを上げてくれます。

タブレットとしては完成度が高いです。

軽さも437gと9.7インチでありながらかなり軽量です。

Windows 8はタブレットとしての使用も考えられたOSですが、正直使い勝手は悪いです。

アプリは揃っていないし、デスクトップをタッチ操作するのもしっくりこないし、結局PCとしてキーボードとマウスを付けて使用してしまいます。

Surface 3も例外ではなく、結構な重量があるので置いて使うのが基本スタイルになります。

そうなると自然とキーボードとマウスも使うわけです。

タブレットとしての使用頻度は極端に落ちるため、ほぼノートPCという認識になります。

iPad Air2は、手で持って使うのが基本スタイルなので、タブレットとして力を発揮します。

気軽さを求めるなら、iPad Airが良いと思います。

どっちがいいか

ちょっとiPad Air2よりの意見を書いてしまいましたが、私の結論としては、買うならSurface 3の方が良いと思います。

確かにタブレットとしては使いづらいですが、ノートPCとしては十分な性能と軽さです。

私はどちらかというとタブレットよりノートPCの方をよく使うので、Surface 3が良いと思いました。

やはりブログを更新したりするならキーボードは必須です。

iPad Air2でもBluetoothキーボードを用意すれば文字入力は快適になりますが、結局その分、重くなるんですよね。

iPad Air2自体は軽いのに、カバーやキーボードなどを付けて結局900g近くなるなんてこともあります。

それなら最初からSurface 3を選ぶべきだと思います。

Windowsなので何でもできますしね。

純粋にタブレットとして楽しみたいという人は断然iPad Air2をおすすめしますが、私はノートPCとしてメインに使って、サブ的にタブレットが使えればいいのでSurface 3を選びます。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ