ドトールのモーニングのお気に入りはBセット!何時から何時まで?

どうもこんにんちは、毎朝ドトールのモーニングでBセット・アイスティーを注文している朝日奈です。

毎朝ドトールなんて贅沢だ!と思いますか?それとも、朝ぐらいゆっくりしてもいいんじゃない、このストレス社会では(笑)と思いますか?

私もできれば家で朝食を取りたいのですが、ドトールでモーニングを食べるメリットが2つあるのです(完全に個人的な都合です)。

その2つのメリットに触れながら、ドトールのモーニングBセットについて語りたいと思います。

スポンサーリンク

ドトールのモーニングを食べるメリット

私は満員電車が大嫌いです。

ですので、通勤ラッシュを避けたいという思いがあります。

これを実現するには早く家を出るしかないのです。

ですが、早く行っても職場は開いていません。

そこでたどり着いたのがドトールでした。

最初はマックに入っていましたが、朝マックって意外と重いんですね(笑)。

だから別の場所で、そして安い場所を探すとドトールがヒットしたのです。

最初は満員電車を避けるために早く家を出ていたのですが、ドトールで過ごす朝の時間に幸福感を覚えてきました。

誰にも邪魔されない自分だけの時間。

そこで私はブログを書くことにしました。

出社前にも関わらず、ものすごくはかどるんです。

満員電車が避けられる、ブログがはかどる。

この2つがドトールでモーニングを食べるメリットです。

別にドトールじゃなくてもいいんじゃ・・・

2つのメリットの恩恵を受けるだけならドトールじゃなくてもいいんじゃ・・・と思うかもしれませんが、ドトールのモーニングはかなりクオリティが高く、安いのでお気に入りなんです。

ドトールのモーニングにはAセット・Bセット・Cセット・Dセットがあり、A・B・Cは390円、Dは440円です。

中でもお気に入りなのがBセットです。

Bセットは他のセットに比べ、野菜が多いのが特徴。

また390円という安さも見逃せません(しかもTポイントも貯まります)。

カフェのモーニングセットを色々と調べたのですが、私の行動範囲の中では、ドトールとプロントが390円と一番安かったです。

プロントも良いのですが、ちょっと席が座りにくく感じたのでドトールにしました。

スポンサーリンク

私は毎朝Bセットを注文するわけですが、作る人や店舗によって野菜が多かったり少なかったりすることがあります(笑)。
写真 2015-06-14 9 16 19

まあ人の手で作っているわけですから仕方ないですけどね。

ですので野菜が多く入っていたときはラッキーと思います。

また、パンの焼き具合も店舗によって違ったりします。
写真 2015-06-14 9 16 20 (3)
※これはAセットです。

サンドをふたつに切って提供するところもあります。
写真 2015-06-14 9 16 20
※これもAセットです(笑)。

味は変わりませんが、気分は変わって楽しめます。

そういえば、つい最近、Bセットの内容が変わりました。

野菜たっぷりという方針は変わらないのですが、以前はポテトサラダみたいなのが入っていたものが、ツナたまごになりました。
写真 2015-06-05 6 47 12

たまごが入っているのはポイント高いです!私は新Bセットの方が好きです。

カロリーもドトールのモーニングの中で一番低い255kcalです。

私はドトールのモーニングでシャキッと目覚めた後、ブログを書いて、仕事もバリバリ働きます。

その分、夜はすぐ眠くなりますが(笑)。

ドトールのモーニングは何時から何時まで?

ドトールのモーニングは平日土日祝関係なく、オープンからAM10:30までです。

オープンの時間は店舗によって違います。

平日はだいたい7:00から開いているところが多いですが、中には6:30から開いているところもあります。

逆に土日祝は8:00からとちょっと遅めに開くところが多いです。

ちなみに東京駅は土日祝でも6:30から開きます。
関連記事東京駅のドトールは営業時間が長くてカード払いもできて超おすすめ!

こればっかりはドトールのサイトで店舗情報を見て調べるしかありません。

私は平日は6:30のオープンと同時に入っています(笑)。

そこでのんびり過ごす時間がたまらなく好きなんです。

もし、機会があれば、ぜひ寄ってみてください。

こちらの記事もおすすめです。
関連記事ドトールのモーニングのパンが冷たい?焼きたてを食べる方法!
関連記事ドトールバリューカードはTポイントよりも還元率が高い!作らないと損するレベル!
関連記事ドトールのモーニングBセットがリニューアルして衝撃の美味しさに!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ