iPadでマウスを脱獄なしで使える日が来た?Bluetooth接続でスマートだ!

かなり嬉しいニュースを発見しました。

なんとiPadで使えるBluetoothマウスが発売されたというのです。

しかも脱獄しないで使えるということなのですが、それってどういうこと?と思い調べまくりました。

最初はAppleがマウスのBluetooth接続を許可したのかと思いましたが、どうやら違うようです。

専用のアプリを使った接続となるみたいです。

スポンサーリンク

iPad用マウス「Citrix X1 Mouse」

今回発表されたのはCitrix X1 Mouseというマウスです。

Citrix(シトリックス)という米国企業が開発しました。

外部リンク:iPadで使えるBluetoothマウス、シトリックスが提供へ
http://japan.cnet.com/news/service/35064164/

この記事によれば、iPadでマウスをBluetooth接続で使えるとのことです。

これを読んだとき、かなり喜びました。ついにiPadでもPCライクに使える日が来たか!ワクワク!

なんて思っていたら思わぬ落とし穴がありました。

それは、専用アプリでしか使えないということです。

どういうことかというと、Citrixは、iPadからWindowsなどにリモート接続できるアプリを提供しているようで、そのアプリを使う場合に限りBluetoothマウスが使えるようです。

なんじゃそりゃ・・・。

それなら最初からWindowsタブレットを使った方がいいじゃないですか。

リモート接続は結局、テザリングなんかすれば通信料がかかってしまいますし、iPadの他のアプリでもマウスを使いたい場面がたくさんありますので、この制限は残念です。

しかし、よく考えてみれば、iPad全体でBluetoothマウスを使うなら、Appleが適応させない限り無理ですよね。

Citrixは、Appleが適応しないなら我々がやろう!このようなマウスを開発したのでしょう。

私はリモート接続を使わないので、あまりメリットを感じませんでしたが、使う人にとってはかなり良い製品だと思います。

リモート接続ではかなり細かい作業が出てきます。

指で操作するには限界がありますので、マウスが使えると細かい操作ができるようになり、効率が良くなるでしょう。

米国ではそのようなニーズが高いのかもしれません。

ビジネスシーンを想定しているようです。

ですが、私は個人使用なので、ホーム画面を含め全体的にマウスで操作したいので、この製品は見送ります。

スポンサーリンク

日本で購入するには

米国販売だけかと思っていましたが、Citrixのオンラインストアで購入できるようです。(たぶん。実際に購入したわけではないので正確にはわかりません。)

ただし、表記が英語なので注意してください。購入には会員登録が必要みたいですが、価格は日本円で表示できます。

7,000円ちょっとでした。

また、何のアプリで使えるのかという話ですが、App Storeに、「Citrix Receiver」というアプリがあり、それを起ち上げると使えます。

が!

実はこのCitrix Receiverというアプリ、Windows PCに「XenDesktop」という仮想環境を構築しないと使えないようで、もはや個人使用の域を超えています。

完全にネットワークに詳しいとかそっち方面の人のためのアプリです。

私はできないことはないですが、用途が全くないので試しません(笑)。

これほどまでiPadでマウスを使いたい需要が高まってきているので、そろそろAppleも対応してくれてもいいのになあと思う今日この頃でした。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ