TransBook T90 Chiのレビュー!良いところやメリットをご紹介!

TransBook T90 Chiのコンパクトさには大変感謝しております。

どこでもブログが書けてしまうからです。

外出先で、ノートPCを持って仕事をする場所といえばスタバが代表的ですが、私はマクドナルドによく行きます。だって安いんだもん(笑)!コーヒーだけなら100円で済みますからね(笑)。

一人でマクドナルドに行くとテーブル席を取るのは申し訳ないので、カウンター席へ行くのですが、たまに、カウンターが狭いことがあります。

そんなときでも、TransBook T90 Chiの小ささなら全然問題ありません。

小さく収まるので、場所を選ばずに作業できます。

そんなTransBook T90 Chiの良いところをご紹介します。

スポンサーリンク

Bluetoothキーボードのペアリングが設定済だった

TransBook T90 ChiのキーボードはBluetooth接続なのですが、箱を開けてスイッチを入れただけで、すぐにタブレット本体と接続されました。

普通、Bluetoothキーボードを初めて接続するときは、ペアリングを行って、数字を入力するなどの作業が必要なのですが、さすが純正だけあって、その手の設定は最初から行われているようです。

初期設定の段階からキーボード入力で進めることができたので、便利でした。

また、接続確認のLEDが、接続された瞬間に1度しか光らないという点も良いポイントです。

iPhoneなどにつなげるBluetoothキーボードは、接続されているときLEDが点滅するものがありますよね。私が持っていたやつは、接続中は青いLEDが点滅しました。この点滅がキーを打っている最中に見えてしまうので目障りなんです。

ですが、TransBook T90 Chiのキーボードは接続された瞬間のみ光るので、全然目障りじゃないんです。

このあたり、よく作りこまれているなと感心しました。
写真 2015-05-05 10 22 12

マウスが使える!

当たり前かもしれませんがWindows 8.1なのでUSBをつなげば周辺機器が使えます。

ですが、タブレットなのにマウスが使えるという風に考えると、かなり便利に感じます。

iPadではマウスを使うことができませんでしたからね。

キーボードにマウスまで使えれば、もう立派なノートPCです。こんなにコンパクトなPCって他にはないのではないでしょうか。(あ、VAIO Pがあるか・・・。)

ボディバッグに入る!

またまた小ささに関することなのですが、コンパクトな筐体なので、ボディバッグに入ります。

10インチクラスのノートPCともなれば、ちょっと大きめのカバンを用意したり、大げさなリュックを背負ったりしますが、TransBook T90 Chiならボディバッグで良いんです。
写真 2015-04-29 10 54 18-vert

また、普通のノートPCだと、ACアダプターもそれなりの重量があります。ですが、TransBook T90 Chiはタブレットなので、ACアダプターも小さいです。測りがないので正確な重さはわかりませんが、おそらく100g弱ぐらいではないでしょうか。
写真 2015-04-29 11 23 40

ACアダプター込みでもボディバッグに収まるので億劫になりません。

動画編集までできちゃった

私のいう動画編集とは、カットやトリミング、音楽付けなどです。Windowsムービーメーカーというアプリケーションを使ってみたのですが、普通に動きます。

ソニーのミラーレス一眼NEX-5Rで撮影した10分以上の動画を編集してみたのですが、編集前に動画を読み込む時間は少々かかったものの、一度読み込んでしまえば、カットやトリミングなどが軽々とできました。

動作が重くなったり、フリーズしたりというようなことはありません。サクサクと動きました。

Atomがどれくらいの性能なのかわからず不安だったのですが、動画編集までできることには驚きました。

しかも、そのままYouTubeにアップロードするのも簡単。作業がはかどります。

もちろん、Webを閲覧したり、ブログを書いたりすることは当たり前のようにできます。今のところ性能不足だと感じたことはありません。

スポンサーリンク

タブレットにもなるので1台2役

私は以前、タブレットはiPad miniを持っていたのですが、初代ということもあり、動作が遅くなったので売りました。

そのため、タブレットが無くなったということもあり、TransBook T90 Chiを購入しました。

TransBook T90 ChiはミニノートPCとして使えますが、タブレットとしても美しいフォルムをしています。

7.5mmという薄さで、400gなので、気軽に使うことができます。しかも8.9インチという大きさが絶妙です。

キーボードを付けて使うときは、横が長いので、、意外と作業スペースが広く感じるのです。

ただ、逆にタブレットとして使う場合は横だと持ちにくいので、私は縦持ちで使っています。

iPad miniのときは横持ちでしたが、形が形なので仕方ないですね。

タブレットとしても使えるのはポイント高いです。1台で済むわけですからね。

ただ、キーボードを付けた状態でも十分気軽なので、タブレットとして使う頻度は少ないです(笑)。

ファンレスだからうるさくない

TransBook T90 Chiタブレットなので、ファンがありません。ですので、ヴォーンという音がしないので、静かで快適です。

カフェなどでも落ち着いて使えます。

ただ、動画編集などをすると、タブレット背面のバッテリーがある部分は熱くなっています。

キーボードを付けていると気づきにくいですが、直に持っているとわかると思います。

必要十分はそろっている

写真 2015-04-29 10 53 15

このコンパクトさ、そして処理性能、私にとっては必要十分でした。

キーボードと合わせて750gなので、Let’s note RZ4と同じぐらいの重量じゃんと言われればそれまでですが、TransBook T90 Chiはなんといっても安いんです。

手が出せる範囲で価格設定を行ってくれているので、私のようにお金がない人はTransBook T90 Chiでも十分だと思います。

Atomはちょっと不安がありましたが、いざ使ってみるとここまで快適だとは思ってもみませんでした。

筐体良し、スペック良し、価格良しで、私にとっては間違いなく今年のベストバイになると思います。

関連記事TransBook T90 Chiのレビューその2!悪いところやデメリットをご紹介!
関連記事TransBook T90 Chiレビューその3!2か月使ってみた感想

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ