TransBook T90 Chiにマウスをつなげてみた!

TransBook T90 Chiを購入してからというもの、常に鞄に入れて持ち運んでいます。

モバイル端末としては最強じゃないかと思っています。

ただ、コンパクトなだけに欠点もあります。それは、キーボードにトラックパッドがついていないことです。

そのため、画面を直接タッチするか、マウスを用意しなければなりません。

ということで今回はTransBook T90 Chiにマウスをつないでみました!

スポンサーリンク

変換コネクタが必須

TransBook T90 ChiにはmicroUSBコネクタしかないので、変換コネクタが必要になります。USB製品を使うなら、何はともあれ変換コネクタが必要となりますので、1本は持っておいて損はないと思います。

私はヨドバシカメラで購入しました。
写真 2015-05-01 21 37 02

これにマウスをつなげて差し込むと、すぐに認識されて使えるようになりました。

後からドライバのインストールが始まりました。ですが、インストールしている最中でもマウスポインタが現れて、普通に使えました。

動画で撮影したのでご覧ください。

ドライバのインストールは3分ほどで終わりました。1回インストールしてしまえば、次に差すときは何もでません。すぐマウスを使えます。

やっぱりマウスが使えるとかなり作業効率が上がります。

スポンサーリンク

iPadはマウスを使うことができないので残念に思っていたのですが、Windowsタブレットなら融通が利いて便利です。

マウスとキーボードが揃ったら、もう普通のPCです。作業がはかどります。

ただ、膝の上で使うときはマウスが使えないので、直接画面をタッチするしかないです。

また、今回変換コネクタを買いましたが、マウスをつなげるとUSBポートがふさがってしまうので、ハブを買おうと思います。

今後もいろいろと試していきます!

関連記事TransBook T90 Chiのレビュー!良いところやメリットをご紹介!
関連記事TransBook T90 Chiのレビューその2!悪いところやデメリットをご紹介!
関連記事TransBook T90 Chiレビューその3!2か月使ってみた感想

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ