iPhoneよりAndroidの方が便利なところ!でもアプリはiPhoneが秀逸?

iPhone6に機種変更してからたまにAndroidが恋しくなるときがあります。というのも、Androidの方が便利なこともあるんです。

iPhone6とAndroidを使ってみて感じた事を綴りたいと思います。

スポンサーリンク

Androidはやりたいことに瞬時にアクセスできる

Androidで一番便利だと感じるのはやっぱりウィジェットです。

ホーム画面にウィジェットを置くことで情報を瞬時に確認できたり、目的のものにアクセスしやすくできます。例えば、天気、スケジュール、ニュース、やることリストなど。Evernoteもウィジェットを使うと瞬時にメモが取れるので便利です。

iPhoneの場合、目的のアプリを探し、それをタップして立ち上げて、そして目的の機能の画面を開くという操作を踏まなければならないので、作業効率が落ちることがあります。それをカバーすることができるウィジェットは偉大なものです。

また、ステータスバーがあるのも便利です。画面上から下にスワイプするとWi-FiやBluetoothの管理ができます。iPhoneでも画面下から上にスワイプするとコントロールセンターが出てきますよね。しかし、これに関してはAndroidの方が勝っていると感じました。

どこが勝っているかというとマナーモード・サイレントモードの切り替えが瞬時にできるところです。Androidの場合、マナーモードボタンをタップするたびにサイレントモードやドライブモードなどに切り替えることができます。しかしiPhoneの場合は横に付いているスイッチでマナーモードのON・OFFしか切り替えられません。サイレントモードにするには「設定」を開いてバイブを消すしかないのです。
関連記事iPhoneの音の設定マニュアル!マナー・サイレント・完全に消す方法!

これは正直面倒です。私は通常モードとマナーモードとサイレントモードを使い分けるので、「設定」を開く作業が億劫に感じます。Androidはステータスバーからタップするだけなので瞬時にできました。

iPhoneでもウィジェット的な使い方がしたいという場合は、通知センターにショートカットを置ける機能があるアプリをインストールする必要があります。例えば、Evernoteのショートカットで有名なEverClip 2というアプリは通知センターに置いておけるので、サッとメモ取りができます。

ただ、こういうやり方は本来の通知センターの使い方ではないような気がして、どことなくモヤっとします。かと言ってiPhoneにウィジェット機能が備わると、アプリが整然と並んだ美しさが壊されそうで怖いんですよね(笑)。Appleもデザインとの両立にこだわっているような気がします。

スポンサーリンク

iPhoneの方がアプリが秀逸

ではiPhoneの方が便利なことは無いのか?というとひとつだけあります(笑)。

それはアプリのクオリティが高いこと。

Android OSやiOS、Windows OSでアプリストアの配信数を競うような風潮がありますが、アプリの数なんてどうでもいいです。問題は使えるアプリがどれだけあるのかということなんです。

たくさん配信していても使えないアプリだらけだったら意味がないですからね(笑)。

Androidにも便利なアプリがたくさんあるのですが、iPhoneの方が秀逸なアプリが多い印象を受けました。

その代表例がiMovieやGarageBandなどのiLife系のアプリ、PagesやNumbersなどのiWork系のアプリです。

スマホで動画編集やスライドの作成ができてしまうなんて便利すぎです。特に私はiMovieにお世話になっており、旅行で撮った写真や動画を編集して思い出に残しています。機能も充実していてスマホの威力の大きさを実感しています。

スマホでできることが増えると、気軽に作業をすることができるのではかどります。例えば、今までは動画編集はPCでやっていましたが、いちいちPCを立ち上げて写真移して・・・とやっていると作業を開始するまでに手間がかかります。この手間のせいで面倒くさくなって後回しにしてしまうこともしばしば。

しかし、これがスマホでできるとなると、作業に取り掛かるまでの障壁が圧倒的に低く、気軽に取り組むことができます。これは動画編集に限ったことではなく、PCでやることをiPhoneに置き換えられる作業全般に言えることです。

ただ、正直iPhoneとAndroidできることはそこまで変わりません。しかし、iPhoneの方がアプリのデザイン的にも作りこまれたものが多く、使っていて楽しいという一面があります。

クオリティが高くデザインも綺麗。これが所有欲を満たしてくれるのです。ウィジェットが使えないというデメリットを上回ってiPhoneを使いたくなるのです。

私は機能よりも見た目を重視する方なのでiPhoneを選びました。ですが、便利さだけ追求するとAndroidの方が勝っていると思います(笑)。

最近はAndroidもデザイン性の高いものが増えてきましたから、もしかしたらまたAndroidに乗り換えるかもしれません(笑)。とりあえず2年間はiPhone6を使う予定ですが、iMovieのようなアプリがAndroidでも出てくれたら嬉しいです!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ