一人暮らしの引越し費用の相場は?一括見積もりの体験談と業者の選び方!

引越し費用って一体いくらかかるのか。私は相場も知らず全然検討がつきませんでした。特に繁忙期と呼ばれる時期は相場が高くなるとよく聞きます。

荷物は全部持っていった方が安いのか、はたまた買った方が安いのか、もやもやしていました。

悩んでいても仕方ないのでとりあえず一括見積もりをやってみることにしました。利用したのはホームズの無料一括見積もりです。

実際にいくらになったのか、そして私が思う引越し業者の選び方をご紹介します。

スポンサーリンク

まずは情報を入力

何を持っていくか、引越し予定日、引越し先の住所はどこかを入力していきます。ちなみに引越し先の住所がはっきり決まってから見積もりを依頼しましょう。建物の立地条件で作業員の数やトラックの数が変わってくるので正確な見積もり金額がでません。

入力が終わると対応可能な引越し業者の一覧が表示されます。その中から好きな引越し業者だけ選択して依頼します。みなさん平均6社に見積もりを依頼しているそうです。しかし、私のところに表示されたのは5社(笑)。とりあえず5社全部にチェックマークを入れて見積もり依頼をクリックしました。

私が入力した情報は以下になります。
見積もり依頼日 2月15日(日)夜
引越し予定日 2月28日
現住所 熊本
引越し先 東京
持っていくもの
 冷蔵庫
 洗濯機
 掃除機
 炊飯器
 電子レンジ
 扇風機
 テレビ
 HDDレコーダー
 テレビ台
 机
 こたつ
 布団
 カーペット×2
 物干し竿

引越し業者から各々連絡が来る

即行で引越し業者からメールが来ます。そこに見積もり金額が書いてあるものあれば、とりあえず電話してくれという旨が書かれているものもあります。

そのメールに目を通しているとすぐに電話がかかってきました。サカイ引越しセンターからでした。

2月末まで時間もないので取り急ぎ訪問を見積もりをさせて欲しいとのこと。私はもともと訪問見積もりを想定していたのですぐに了承しました。訪問日は翌日。こんなに迅速に対応してくれてありあがたいです。日曜日の夜にも関わらずすぐに電話をくれる仕事の速さに脱帽です。

次の日の朝7時代から2件電話がきました。名前は伏せます。A社とB社にしておきます。

まずA社の電話でははっきりした見積額は教えてもらえませんでした。しかし、熊本-東京の相場はだいたい13万~15万とのこと。ただ、引越しの日程を業者に合わせてもらえるなら10万は切れると言っていました。とりあえず訪問見積もりがあるのでそれから決めますと伝え電話を切りました。

続いてB社です。B社は長距離に強いらしく、どこよりも安くできると自身満々です。相場は11万ぐらいと教えくれました。しかし、やっぱり業者の方に日程を合わせればもっと安くできるとのこと。

これから訪問見積もりがあるということを伝えると、それはどこですか?と聞かれたので言いたくなかったのですが、まあ業界ですでに知れ渡っているから大したことないかと思い、サカイ引越しセンターですと答えました。すると、うちはサカイさんに勝つことを目標にしているのでサカイさんよりは絶対お安くできます!と言われました。

というわけで、テレビのサイズや机の大きさなどを聞かれ、電話越しで見積もり金額を出してもらえました。集荷日と到着日をB社の日程に合わせるという条件なら8万6400円。まあいいかなという値段です。サカイさんよりは絶対安いです!もう訪問見積もりは不要です!とゴリ押ししてきました(笑)。

そしてきわめつけは、今決めてもらえるならもうちょっと頑張ります!と緊急性を持たせてくるのです。まあこれは営業テクニックとしてはありでしょう。8万ジャストになりました。

しかも、荷物が増えると料金も上がるのかと思っていましたが、持っていく荷物が少ないし、段ボール5箱ぐらいならトラックに入るだろうからそれも積んで問題ないとのことです。どうやら荷物の量というよりはトラック1台分の値段で計算しているようです。

私は3月6日までには東京に荷物が届いて欲しいと思っていました。集荷も2月28日までに取りに来てくれるならいつでもいいと思っていました。B社の提示した日程は2月26日集荷の3月4日到着です。時間は前日にならないとわからないと言われましたが日程的には満足しています。

金額もまあこれぐらいならということでB社に決定してしまいました。サカイさんごめんなさい・・・。他社を断るときは親戚に運んでもらえるようになりました~と言えばあとくされなく断れますよ!と断り方まで伝授されました。

しかし、B社の営業の人のやり方はちょっと気に食わなかったです。8万より安く請け負う業者はサービスが悪いですよ!言いたくないですけど、とある大手なんて評判悪いですよ!到着日も守らないし!安かろう悪かろうですよ!と他社を批判してきました。これはちょっとムッときましたね。感じ悪いです。

ただ、営業テクニックとしてはそういうのもありなのかもしれません。結局B社は相場を提示し、それよりも安くできる、そして他社よりも安くできると言ってお得感を抱かせ、今決めてくれるなら・・・と緊急性を持たせることにより背中を押す、ここより安いところに頼むと被害を被る可能性もあると逃げ場をなくす、という一連の営業テクニックを使っています。

そのテクニックに乗せられるのがしゃくでしたが、日程が折り合うということでB社に決定しました。ただ、これから来るサカイ引越しセンターの方が安ければキャンセルしてやろうか、というくらい感じ悪い営業でした(笑)。最後の他社批判さえなければ・・・。

スポンサーリンク

できることならサカイ引越しセンターに頼みたかった

B社に決定したものの、一度は訪問見積もりを体験しておきたいということで、サカイさんにお越し頂きました。

訪問見積もりに来られた方は、超丁寧な営業の人でした。これがCMであっているサカイ品質というやつか・・・なんて思っていたのですが、なんと日程が折り合わず!

2月28日の集荷も無理だし、3月6日までに届けることも無理とのこと。集荷日をずらしても良いと伝えましたが、それでも到着日が3月中旬になるそうです。オーマイガー。

やはり繁忙期で満車状態が続いているとのこと。ある程度覚悟していましたが、まさかここまでとは。

見積もりの途中、サカイさんはこんなことを言いました。
「B社から電話きませんでしたか?」

わーお、ライバル視しているのは本当だったのか。しかし、サカイさんは大人でした。
「あそこが一番安いと思います、お客様に聞いてみてもB社が一番安いと言われますしね~。電話見積もりだけで済ませるんですよね~。」

さすがライバルの営業方法は把握しています。

「でも日程的にはB社さんと折り合ったんですよね?B社にはまだ配車の余裕があったんでしょうね。あそこは長距離に強いですから。やっぱり・・・B社になっちゃいますよねぇ。3月中旬でもよろしければまた連絡ください。そのときはB社よりも全然お安くしますので。」

これ、文字で読むと大したことないですが、実際にはかなり丁寧に話してもらえました。

B社はあれだけ他社批判をするのにサカイさんはむしろB社を褒めるという・・・。人の良さは間違いなくサカイさんです。できればサカイさんにお願いしたかった・・・。しかし日程が折り合わないということで、B社を選ばざるを得ませんでした。

スポンサーリンク

引越し業者を選ぶなら日程が大事

一括見積もりをして感じたのは費用が安いところを探すというより、日程の合うところを探すというスタンスになっていたことです。

正直繁忙期は自分の希望する日程を押さえるのは難しいでしょう。かなり前から予約しておく必要があると思います。私は2週間前に見積もってもらいましたが、2月末ということもあり、全然日程が押さえられませんでした。

もちろん、満車でなければ日にちを指定することもできますが、その場合数万円は高くなるでしょう。ある程度は引越し業者側の日程に合わせた方が安くなります。

ですので、引越し業者の日程と自分の希望を擦り合わせることができた業者を選ぶといいと思います。

私の場合、B社しかありませんでした。5社中2社はメールにて予定が合わないと断られました。サカイさんはB社が一番安いと言っていたので、金額にはまあ満足しています。

あの業者が安い!この業者が安い!と噂が飛び交っていても、自分の日程に合い、かつ安くできるところは人によって変わってくるのです。ですから一概にここの業者がおすすめと述べることができません。

繁忙期は引越し業者を一社ずつ調べるのは大変だと思いますので、一括見積もりを活用して日程の合う業者を探してみてはいかがでしょうか。

ホームズの無料一括見積もりはこちらから↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ