MacBook Pro 2017がKabylakeにスペックアップ!2016と比較すると買い換えなくても良さそう

史上最大のWWDCと謳われたWWDC2017では、昨年11月に発売されたばかりのMacBook Proの新型まで発表されました。

MacBook 2016は発表されるまでかなりの期間がありましたが、今回はわずか半年ちょっとでの発表。

買い時を迷わせるサイクルです。

僕はMacBook Pro 2016を買ってしまったので何かと悲しんでいます(笑)

そんな悲しみを払拭すべく、最新のMacBook Pro 2017は2016年モデルとどこが変わったのか比較していきたいと思います。

スポンサーリンク

MacBook Pro 2017のスペック

13インチ

CPU:第7世代(Kabylake) Core i5(i7にアップグレード可能)
メモリ:8GB(16GBにアップグレード可能)
グラフィックス:Intel Iris Plus Graphics 640/650
ディスプレイ:13.3インチ(2,560×1,600ピクセル)
SSD:128GB/256GB/512GB
寸法:304.1×212.4×14.9mm
重量:1370g
バッテリー:10時間
インターフェース:USB-C(Thunderbolt 3)
Touch Bar:なし/あり
価格:154,224円/177,984円/214,704円/238,464円

15インチ

CPU:第7世代(Kabylake) Core i7
メモリ:16GB
グラフィックス:Radeon Pro 555 Intel HD Graphics 630 / Radeon Pro 560 Intel HD Graphics 630
ディスプレイ:15.4インチ(2,880×1,800ピクセル)
SSD:256GB/512GB
寸法:349.1×240.7×15.5mm
重量:1830g
バッテリー:10時間
インターフェース:USB-C(Thunderbolt 3)
Touch Bar:あり
価格:279,504円/327,024円

スポンサーリンク

MacBook Pro 2016からの変更点

見た目はまったく変わっていないのですが、CPUやグラフィックス性能が順当にスペックアップしています。

変更点といえば第6世代(Skylake)から第7世代(Kabylake)になったことと、13インチTouch BarなしモデルにSSD128GBが登場したことくらいです。

Windows PCをみると、結構前から第7世代(Kabylake)を搭載しているものが多いのですが、AppleのPCはいつもCPUの世代が周回遅れのような気がします(笑)

ただ、2016年モデルが発表された当時、グラフィックスの性能でProの基準を満たすのが第6世代(Skylake)しかなかったという事情もあります。

MacBook ProはIntel Iris Graphicsが搭載するのですが、2016年モデル発表のときは、まだ第7世代(Kabylake)でIntel Iris Graphicsを搭載したものが出荷されていなかったのです。

関連記事新型MacBook Pro 2016の選び方!スペックはどれを選択すべきか?

今回、やっと第7世代(Kabylake)になったか〜と思いましたが、すぐ第8世代が登場すると思うので、また周回遅れになりそうです(笑)

最新スペックに早く対応してほしいとは思うものの、今回は半年ちょっとでの新モデル発表ですので、サイクル的に戸惑ってしまいますね。

いつが買い時なのかわからなくなります。

僕は2016年モデルを買ったので、今回のモデルは見送ります。

性能は上がっていると思うのですが、第6世代(Skylake)でもなんら問題なく使えていますしね。

次のモデルに期待です。

こちらの記事もおすすめです。
関連記事新型MacBook Pro 2016の選び方!スペックはどれを選択すべきか?
関連記事MacBook ProにTouch Barは必要か?非搭載モデルを選んだ理由!

2016年モデルの話ですが、根本的な内容は変わっていませんので2017年モデルでも参考になると思います。

スポンサーリンク

朝日奈光一の無料メール講座


僕が今もなお稼ぎ続けているブログ運営術や自分の好きなことをビジネスにする方法、趣味や遊びに全力を注いで心から楽しめる生活を実現する方法など、毎日を輝かせるライフスタイル学を発信しています。コーヒー片手にお気軽にお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です