iPhoneのGmailアプリが改悪?次のメールに移動できずカラフルに!

実に4年ぶりとなるGmailアプリの大型アップデート。

私はiPhoneでメールアプリを標準のものとGmailアプリとで使い分けていました。

なぜわざわざGmailアプリを使っていたかというと、Gmailアプリにしかない機能があったからです。

しかし、今回のアップデートでその機能が使えなくなってしまい、泣いています。

なんでこんな改悪アップデートしてしまったんだー!

スポンサーリンク

次のメールに移動できない

私がGmailアプリを使うようになった最大のきっかけは、スワイプで次のメールに移動できる機能があったからです。

私は仕事柄、毎日100件以上のメールを受信します。

それらささっと見るために、左から右へスワイプして素早く次のメールへ移動していました。

瞬時に確認できるので非常に便利だったんですよね。

iPhoneのデフィルトのメールアプリだと、次のメールに移動するには右上の矢印マークをタップしなければなりません。

この矢印マーク、片手だと届かないんですよ(笑)。

なので、スワイプで移動できるってのは本当に重宝していました。

ですが、今回のアップデートによってそのスワイプ機能がなくなり、代わりに、左端から右へスワイプすると、受信メール一覧画面に戻る仕様となりました。

確かに、iPhoneアプリの全体的な仕様として、左端からのスワイプは「戻る」に割り当てられている傾向があります。

これは、iPhoneの画面が大型化してきたために取り入れられた仕様です。

しかし、Gmailアプリに限っては、私にとって使いづらいものになってしまいました。

打開策として、両手でiPhoneを持つようになり、左手の親指で「戻る」ボタンをタップし、右手の親指で受信メールのタップとスクロールをするようになりました。

右手と左手の動作を繰り返して、ぱぱっとメールを確認しています。

もし右手のみで操作するとしたら、左端からのスワイプで受信メール一覧に戻るといいですね。

これなら左手を使わなくてすみます。

ただ、私は指が短いので左手に頼ってしまいます(笑)。

スポンサーリンク

カラフルになった

アップデート前のGmailアプリは、白黒ベースでビジネスにも使いやすい仕様でした。

それが、今回はやたらカラフルになりました。

帯を中心に赤色になり、送信者のアイコンにも色がつくようになりました。

ポップな感じで楽しいといえば楽しいのですが、これは好き嫌いが分かれそうです。

ちょっと仕事では使いづらい色合いだなと感じます。

私の場合はそれほど影響しないので、カラフルになっても問題はありません。

それよりも、メイン画面で未読件数が表示されなくなったことの方がショックでした。

地味に確認するんですよね、未読件数って(笑)。

読み込みが早くなった

私の個人的な主観ですが、メールと読み込むスピードが速くなったような気がします。

あと、フリーズしなくなりました。

私はiPhone 6を使っていて、ハードが古いからスピードも遅いんだろうなと思っていましたが、今回のアップデートで速さは改善された気がします。

今回のアップデートは賛否両論ありますが、こうなってしまった以上、我慢するしかありません(笑)。

とりあえず私はまだGmailアプリを使い続けることにします。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ