MacBook Pro 2016でUSBやSDカードが使える変換アダプタのおすすめはコレだ!

MacBook Pro 2016の使い心地が良すぎて、1日中触っています。

初めてのMacなので何もかもが新鮮です。

ほんといいっすわこれ。

さて、そんなMacBook Pro 2016なのですが、インタフェースがThunderbolt 3が2ポートあるだけです(Touch Barなしモデル)。

なので、フルサイズのUSBやSDカードを使うためには変換アダプタが必要です。

Thunderbolt 3はUSB-Cと同じ形状で、MacBook Pro 2016では兼用している形になります。

そのため、USB-Cの変換アダプタを買えば大丈夫です。

そこで、おすすめの変換アダプタをご紹介します。

スポンサーリンク

MacBook専用ハブ

私が購入したのは12インチMacBook専用ハブとして販売されていた変換アダプタです。
dsc06483

新型Macbook 2015専用 USB3.1 Type Cハブ USB-C USB3.0ハブ/3ポート microSD/SDカードリーダー付 [400-ADR306S]

USB-Cといえば12インチMacBookなので、とりあえずこれを買っておけば大丈夫だろうと思って購入しました。

MacBook Pro 2016専用の変換アダプタは、まだサードパーティから出ていないので、Apple純正のものを買うか、12インチMacBook用に作られたものを買うしかありません。

実際に使えるのか少々不安でしたが、MacBook Pro 2016にさしてみたところ・・・
dsc06486

ばっちりLEDが光って認識しました。

この変換アダプタは、USB 3.0が3ポート、SDカードスロット、microSDカードスロットが付いています。
dsc06484

フルサイズのUSBは、iPhoneを同期させるためには必須でした。

AppleとしてはもうWiFiで同期できるからいいでしょって感じなのでしょうか。

ですが、SDカードもまだまだ使いますよね。

特に一眼カメラを使っている人はSDカード必須なはずです。

ただ、これもAppleは、最近のカメラはワイヤレスに対応しているから基本的にはワイヤレスを使ってもらいたいと考えているそうです。

確かに私のカメラもワイヤレスに対応していますが、転送するのにめちゃくちゃ時間がかかります(笑)。

やっぱり直接さした方が早いです。

AppleがSDカードをなくした理由は、中途半端にSDカードが飛び出すスロットはカッコ悪いからと言われています。

それならUSB接続のリーダーを使ってほしいとのことです。

結局リーダー使ったら不格好なんですけど・・・。

ちなみにイヤホンジャックを残したのは、スタジオモニターやアンプなどに機器がワイヤレスに対応しているものが少ないため、まだ必要だと考えたそうです。

iPhone 7のイヤホンジャックはなくなったのに・・・。

スポンサーリンク

変換アダプタレビュー

さて、話を戻しまして変換アダプタのレビューにいきます。

SDカード、microSDカード、USB、すべて認識しました。

12インチMacBook専用と書かれていましたが大丈夫でしたね。

この変換アダプタを買ってものすごく嬉しかったポイントがひとつあります。

それはこれです。
dsc06491

私のモデルにはThunderbolt 3のポートが左側に2ポートありますが、手前のポートにさしても、もう一方のポートと干渉しないので、Thunderbolt 3ケーブルで充電しながら使えるのです。

実はここ、買う前に一番心配していたポイントでもあります。

賭けに勝った気分です(笑)。

このハブは質感や見た目も悪くなく、MacBook Pro 2016にマッチするようなデザインです。

こういうハブタイプはコードがだらーんとしないのでスッキリ取り回しができておすすめです。

これ1つで3役こなせるので、持ち運ぶ荷物も少なくて済みます。

私は充電器と一緒にこちらのポーチに入れて持ち運んでいます。
dsc06496

youta/ヨータ イントレポーチ【BUSINESS MEN’S】

ところで、Touch Barありのモデルは右側にもThunderbolt 3ポートが2つありますが、そんなに使うもんなんですかね(笑)。

外部モニターを繋げるときに使いそうですが、私は使う機会がなさそうなので左側2ポートで十分でした。

ちなみに、Touch Barありのモデルの右側の2ポートは、なぜか若干性能が落ちるそうです。

左側はフルパワーを発揮できるらしいのですが、変な仕様ですね。

カラーも豊富でおすすめ

私が買ったのはサンワサプライのハブなのですが、色がシルバーしかありませんでした。

 

私のMacBook Pro 2016はスペースグレイなので、できれば色を合わせたかったです。

一応、他メーカーからはスペースグレイやゴールドなども出ています。

 

形は同じなのですが、値段がちょっと高いです。

というのも、12インチMacBook用に作られているので、3つあるUSBポートのうちのひとつがUSB-Cポートになっているのです。

これは、12インチMacBookにポートがひとつしかないため、充電用のポートがふさがらないように設計したのが理由です。

ひとつのポートがUSB-Cポートに変わっただけで値段が倍くらいするんですよね。

なので、色を合わせたかったのですが、仕方なくシルバーにしました。

MacBook Pro 2016ならハブにUSB-Cポートはいりませんしね。

Apple純正でも変換アダプタはありますが、サードパーティ製の方が、何役も機能して取り回しがスッキリでおしゃれなので、私はサードパーティ製の方をおすすめします。

 

こちらの記事もおすすめです。
MacBook Pro 2016レビュー!開封して評価してみた!結果は大満足!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ