WordPressのサーバーのおすすめはコレ!安いのに高速!重いなら乗り換えよう!

WordPressでブログを作ろうと思った場合に、まず考えるのが、サーバーをどうするかという問題です。

いろんなレンタルサーバーがあるので、何がいいのか素人目にはわかりません。

私も選ぶときに相当苦労しました。

ですが、主に見るべきポイントは、サーバーが落ちないか、サイトの表示速度は速いか、コストは妥当か、という3点に絞られます。

そこで、この3点を意識した上でおすすめできるレンタルサーバーをご紹介します。

お名前.comレンタルサーバー

ずばりおすすめは「お名前.comレンタルサーバー」です。

なぜなら、コスパが最強だからです。

お名前.comレンタルサーバーは業界でも有名で、その安さにひかれます。

ただ、正直に言うと、私は最初お名前.comレンタルサーバーは敬遠していました。

というのも、安いのはいいけどサイトの表示速度は本当に速いのかわからなかったからです。

なぜここまでサイトの表示速度にこだわるかと言うと、SEOに影響が出るからです。

サイトにアクセスを集めるには、Googleの検索結果で上位表示させる必要があります。

上位表示できているということは、Googleから評価されているということです。

しかし、サイトの表示速度が遅い場合、Googleからの評価が落ち、検索順位が下がってしまうのです。

これはサイトの訪問者の心境になってみれば理解できます。

サイトの表示速度が2秒遅くなるだけで、実に50%の訪問者が離脱するというデータがあります。

すぐに表示されないと、待てなくて別のサイトに行ってしまうということです。

それだけサイトというのはすぐ表示されるのが当たり前だという認識があるのです。

離脱者が多いということは、それだけ機会損失があるということです。

得られる収益も落ちているわけですからね。

見られないサイトは当然Googleからの評価も下がります。

Googleはサイトの表示速度もしっかりと評価の要素に入れているんですね。

そんなわけで、サイトの表示速度にこだわっていて、WordPressにキャッシュ系のプラグインを入れることで高速化をすることもできるのですが、あまり使いたくないのです。

というのも、以前キャッシュ系のプラグインを入れていてサイトが真っ白になったことがあり、復活させるのがとても大変だった経験があるからです。

WordPressの自動アップデートにプラグインが対応していなかったのが原因だと考えられます。

なので、プラグインにはあまり頼りたくないのです。

となると、重視すべきはサーバーです。

そもそもブログを構築するときに速いサーバーを選ぶことは大前提ですよね。

お名前.comレンタルサーバーは、個人が手軽に利用できる「共用サーバー」を提供しているのですが、最近そのサーバーが高速化されました。

具体的には、以下の2つのモジュールに対応しました。

mod_deflate
データを圧縮することで転送量を削減し、表示速度を早くするモジュールです。

mod_expires
ブラウザのキャッシュを利用する設定を行うことで、表示速度を早くするモジュールです。

同一環境で設定前後の速度を比較したところ、116%の速度になったというデータがあります。

これまで敬遠していたお名前.comレンタルサーバーですが、これなら安心して使えます。

お名前.comレンタルサーバーは、初期費用無料、まとめ払いにすれば1か月あたり900円から使えるという、コスパ最強のレンタルサーバーです。

普通初期費用だけで3,000円くらいしますからね。

これだけ安くてサイト表示も速いとなれば、自信を持っておすすめできます。

レンタルサーバー選びに迷っている人の参考になれば幸いです。

お名前.comレンタルサーバーはこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ