ZenBook Flip UX360UAを評価!スペックと価格に優れコスパ良し!

ASUSから360度ディスプレイが回転する2 in 1モデルが登場しました。

ZenBook Flip UX360UA。

最近、360度回転するモデルが増えていますが、ASUSからも出ましたね。でも、他の機種と比較してもスペックはかなり良い方です。

ASUSは本当良いもの作りますね。今私が使っているPCもASUSです。ちなみにASUSは日本ではエイスースと呼ぶように統一されたそうです。

ではZenBook Flip UX360UAのスペックを見てみましょう。

スポンサーリンク

スペック

CPU:Core i7-6500U
メモリ:8GB
ディスプレイ:13.3インチ (1920×1080ピクセル)
ストレージ:SSD 512GB
バッテリー駆動時間:12.3時間
寸法:321.6×219.1×13.9mm
重量:1.3kg
インターフェース:USB 3.0×2、USB 3.1 Type-C、SDカードスロット、HDMI、イヤホンジャック

標準スペックでCore i7、メモリ8GB、SSD512GBという申し分ない性能を積んでいます。

何より嬉しいのがバッテリーが12.3時間も持つということです。

外出先の仕事でACアダプターから解放されますね。最近の私はと言えば電源席じゃないとPCが使えないからと、あくせく電源席を探し回っている始末。こんなにバッテリーが持つなんてうらやましい。

重量を許容できるか

13.3インチで2 in 1ということを考えると、1.3kgは軽い方なのかもしれません。しかし、それは一般的に2 in 1と比べた場合であって、結局重いか軽いかと感じるのはユーザーの体力次第だと思います(笑)。

私は1.3kgは重いと感じます。その分バッテリーを積んでくれているのでしょうけど…。

また、360度回転モデルで思い浮かぶ機種があるんです。

それは、NECのLAVIE Direct HZです。
laviehz

LAVIE Direct HZも13.3インチなのですが解像度が2560×1440と高く、重量が926gという超軽量を誇ります。

ただ、薄さは16.9mmなので、ZenBook Flip UX360UAの方が薄いです。

しかし、300g以上の差は大きいです。iPad mini相当の違いがありますからね。

LenovoのYOGA 900Sという360度回転モデルもありますが、あれはCPUがCore mなので、ZenBook Flip UX360UAと比較するにはスペックが低いかなと思います。

1.3kgという重量を許容できるか、買いのポイントはそこだと思います。

スポンサーリンク

価格

せめて価格が安ければ買う気も起きるかもしれない!ということで、ZenBook Flip UX360UAとLAVIE Direct HZと比較してみましょう。

ZenBook Flip UX360UA (i7、8GB、512GB)
150,984円

LAVIE Direct HZ (i7、8GB、512GB)
240,624円

笑いました。さすがNEC。めちゃくちゃ高いです(笑)。ちなみにOfficeはどちらもなしのモデルで比較しています。

私はOfficeは絶対必要なので、ここからさらに価格が上がるのかと思うと買う気が起きません(笑)。

こうして見てみると、こんなにハイスペックなのに15万で買えてしまうZenBook Flip UX360UAってコスパ良いですね。

デザインも悪くないので、2 in 1PCをお探しの方には有力候補になるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ