ポケモンGOの個体値の計算と調べ方!分度器不要のアプリで簡単にわかる!

ポケモンGOで強いポケモンを育てるには、個体値が関わることがわかってきましたね。

しかも、海外のサイトでは個体値を計算できるツールまで登場しています。

早速使ってみよう…と思ったのですが、どうもCPの角度が必要なようです。

分度器でいちいち測るのも面倒だなと思っていたところに、とても便利なアプリが登場しました。

スポンサーリンク

分度器不要で個体値を計算できるアプリ

iPhoneのみとなりますが、CPの角度を測定できるアプリ「個体値計算 for ポケモンgo」という超絶便利アプリをご紹介します。

起動するとこのような画面が現れますので、まずは自分のトレーナーレベルを選択します。
写真 2016-07-30 10 21 04

次に、個体値を計算したいポケモンのスクリーンショットを撮って、「画像選択」を押して選択します。
写真 2016-07-30 10 24 04

ここで、CPの点の位置を確認します。目盛は、角度ではなくポケモンのレベルを表しています。短い目盛が0.5、長い目盛が1、一番長い目盛が10です。このズバットのレベルは14です。目盛の数はトレーナーレベルによって変わります。
写真 2016-07-30 10 26 19

また、CPとHP、ほしのすなとアメの数も確認しておきます。このズバットは、CP205、HP41、ほしのすな1600、アメ2です。

では、「個体値計算する」をタップします。
写真 2016-07-30 10 36 11 (3)

すると、有名な個体値計算ツール「Pokemon GO Tools」のサイトに飛びます。少しスクロールして、「IV RATER」をタップします。
写真 2016-07-30 10 36 11 (1)

「EASY MODE」を選びます(現在はこれしか選べません)。
写真 2016-07-30 10 36 11 (2)

「SELECT YOUR SPECIES」を選択して、個体値を計算するポケモンを選択します。
写真 2016-07-30 10 34 44

トレーナーレベルをスライドさせて合わせます。
写真 2016-07-30 10 36 10

CPをスライドして合わせます。先ほど確認したズバットのレベルは14だったので、その位置に合わせます。
写真 2016-07-30 10 36 10 (1)

ほしのすな(STARDUST)とアメ(CANDY)の数字が合っているかを確認します。
写真 2016-07-30 10 36 10 (2)

CPとHPのバーをスライドして合わせます。最後に、「RATE MY POKEMON!」をタップすると、結果が表示されます。
写真 2016-07-30 10 35 05

果たして結果は!
写真 2016-07-30 10 36 11

…あれ?バーしか出てこない…。個体値が数字で出てきません。

えー!これだけ期待させておいて結果出ないのか(笑)。残念。ブラウザが悪いのでしょうか。アップデートで改善されることを願います。

スポンサーリンク

PCで計算してみた

ただ、CPの角度はこのアプリでわかったので、PCで「Pokemon GO Tools」を開いて同じように入力してみました。

その結果がこちらです。
スクリーンショット (30)

「ATTACK + DEFENSE IV」は最大30のうち10、「STAMINA IV」は最大15のうち4なので、どちらも半分以下なので弱いです。

CPは、186~最大257までのズバットが存在することがわかります。このズバットは205なので、弱い方です。

「BATTLE RATING」、「CP RATING」、「HP RATING」が全て低いため、結果的に低いCPとなっています。

色々な項目がありますが、見るべきポイントは、自分のポケモンのCPがどのくらい高いかというところです。

ズバットの場合は、CP257に近いほど強いということになりますね。

今回計算したのはかなり弱いズバットでした(笑)。

アプリだけで完結してほしかったのですが、とりあえずCPの角度は簡単に測れるようになりました。ぜひお試しあれ!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ