iPhoneのモバイルバッテリーのおすすめメーカー!大容量でも選び方に注意して!

1年半使っているiPhoneのバッテリーがだんだん持たなくなってきました。なのに、最近までモバイルバッテリーを持っていませんでした。

バッテリーが持たなくなってきたら、よく友人からモバイルバッテリーを借りていましたが、最近おしゃれなモバイルバッテリーをプレゼントしてくれたので、毎日使っています。

スマホゲームなども流行っていますので、今やモバイルバッテリーは必需品となりつつあるのではないでしょうか。

しかし、どんなモバイルバッテリーでもいいわけではありません。選び方をミスると、粗悪品を掴まされることになるので、正しい選び方を知っておきましょう。

おすすめもご紹介します。

スポンサーリンク

正しいモバイルバッテリーの選び方

私が初めて買ったモバイルバッテリーは、バッテリー容量が少なく、しかも半年で壊れてしまうという粗悪品でした(笑)。

一方、プレゼントされたモバイルバッテリーは、とても優秀な製品で、見た目もおしゃれなので気に入っています。

製品によってこのような違いが出てくるので、見極めるべきポイントを押さえておきましょう。

容量を確認する

モバイルバッテリーには、バッテリー容量の公称値が必ず記載されています。2,000mAh、5,000mAh、10,000mAhなどなど。数値が大きいほどたくさん充電できます。

iPhone 6sのバッテリー容量は1,715mAhなので、この数値を基準に、何回充電できるかを考えて選ぶと良いでしょう。

ただ、ここで1点注意してほしいのが、公称値の全容量が充電されるわけではないということです。実は、公称値の60~70%ほどしか充電できません。

例えば10,000mAhのモバイルバッテリーの場合は、実質6,000~7,000mAhしか充電できません。充電時の電圧変換や熱損失などの影響で減ってしまうのです。

そのため、公称値の60~70%を想定して、充電回数を見極めるようにしましょう。

保護回路付きを選ぶ

過充電保護、過放電保護などの保護回路が付いているものを必ず選びましょう。

iPhoneのバッテリーが100%充電されてもまだ放電し続けるモバイルバッテリーは危険です。

きちんとパッケージを見て購入しましょう。

信頼できるメーカーを選ぶ

大容量で薄型のモバイルバッテリーは魅力的ですが、無名メーカーのものを選ぶと粗悪品の可能性があります。

公称値の40%以下しか充電できなかったり、保護回路が付いていなかったり。

大容量なのにも関わらず、薄かったり軽かったりすれば、信頼性はあるのか疑った方がいいと思います。普通、大容量になればバッテリーも大きくなりますからね。

しかし、ちゃんとしたメーカーなら、ちゃんとした技術力を持って製造しているので、大容量薄型化も実現できています。

有名どころで言えば、Anker、cheeroなどですね。また、国産ならだいたい安心できます。

スポンサーリンク

おすすめモバイルバッテリー3選

上記を踏まえて私が本気で悩み抜いたモバイルバッテリー3つ(+α)をご紹介します。

1. Anker PowerCore 10000

10,000mAhも蓄えることができる大容量バッテリーです。このクラスでは世界最小最軽量を謳っています。しかも安い!コスパに優れています。

Ankerだからこそ実現できたバッテリーですね。

AnkerはiPhone関連のアクセサリを多数販売していますが、モバイルバッテリーで一躍有名になった印象があります。

2. cheero Power Plus 3 Premium 20100mAh

cheeroは国産で、見た目も可愛らしいモバイルバッテリーを作っています。

そんなcheeroでおすすめなのがこの製品です。20100mAhという超大容量バッテリーなのにも関わらず、重量は375gと軽量。こいつのすごいところはMacBookまで充電できてしまうところ!Appleユーザーなら欲しくなっちゃうのでは?

他にも、Power Plus 3シリーズには以下の製品があります。
cheero Power Plus 3 13400mAh
cheero Power Plus 3 stick 3350mAh
cheero Power Plus 3 mini 6700mAh

ダンボーバージョンなんかもあって可愛らしいですね!

自分のライフスタイルにあった製品を選ぶといいですね!

3. SOLOVE

これは私も持っているモバイルバッテリーです。デザインがおしゃれなので、所有欲を満たしてくれます。持っていて楽しいです(笑)。

ケース付きで、ポケットにケーブルをしまうことができるので重宝しています。

実際に使用して問題なく使えているので自信を持っておすすめできます。iPhone 6を2回フル充電できます。

楽天ランキングでも1位を獲得し続け、レビューも高評価です。

個人的には、モバイルバッテリーは2回以上フル充電できると便利だなあと思っています。

モバイルバッテリーも使い切ったら充電しないといけないので、大容量なものほど充電回数が減らせます。ちなみに、モバイルバッテリーはどの製品でも充電回数は500回ほどで、それ以上の回数になると性能が落ちます。モバイルバッテリーにも寿命があるので、消耗品として考えるといいですね。

以上、おすすめモバイルバッテリーのご紹介でした!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ