iPhone 7の発売日は今秋?デザインは変わるもサイズは従来通り!カメラ機能が圧倒的進化!

ここまで!?とびっくりするくらい情報がリークしているiPhone 7。前はそんなことなかったのに、最近のApple製品は本当にリーク情報が多いですね。

Appleと提携している製造会社からのリークが多いような気もします。

さて、久しぶりのメジャーアップデートが期待されるiPhone 7ですが、私も期待している機能があります。

これまでリークされてきたiPhone 7の情報をまとめました。

スポンサーリンク

発売日が気になる

iPhone 7の発売日が気になるところではありますが、もうみなさんお察しのように、9月ごろに発表されるでしょう。

iPhoneはここ最近9月上旬に発表し、下旬に日本発売スタートというサイクルをとっています。

海外メディアによれば、9月9日(金)か、9月16日(金)に発表がイベントがあるだろうと報道しています。

発表が待ち遠しいですが、Appleは発表後にすぐ発売するので嬉しいですよね。

デザインは劇的に変わる?

jouhou

iPhoneは2世代おきにデザインを一新しています。

なので、iPhone 7でもデザインの変化が見られると思います。

が、実際のところiPhoneってもう完成されたデザインですよね?

見た目はほぼ変わらないと思います。あるとしても細かな変更点くらいで…。

でも、デザインが変わらなければユーザーに新たなワクワク感を与えられない。

さらなる大画面化を推し進めるのか…?

まだ改良の余地があるところといえば、ホームボタンです。

ホームボタンがなくなって全画面になる、なんて噂もありますが、私はなくならないと思います。

というのも、ホームボタンには指紋認証機能が施されているので、これをなくしてしまうとは考えにくいです。

ただ、クリック方式だったホームボタンが、タッチ方式に変更されるとの情報があります。

物理的なボタンは今後なくなっていくかもしれませんね。

ちなみに新色でパープルが追加されるとのことです。

イヤホンジャックがなくなる

iyahon

もう1点、大きな変更点としては、イヤホンジャックがなくなることです!

イヤホンさせなくなったらどうすればいいんだ?ワイヤレスで聞けってことなのか?と思っていましたが、どうやらLightning端子にイヤホンをさすようにするみたいです。

Lightning端子のイヤホンが付属するそうですが、やっぱり自分の持っているイヤホンを使いたいですよね。変換コネクタが必須となりそうです。

ところで、なぜイヤホンジャックがなくなるのでしょうか。

おそらくですが、薄さを意識していると思われます。

iPhone 6sを見てもらうとわかるのですが、イヤホンジャックってLightning端子より2〜3mm大きいんです。

端末の薄さを求めるなら、この大きさをなんとかするしかありません。つまり、イヤホンジャックをなくすしかないんですね。

MacBook 12がUSB-Cポートしか採用していないように、iPhoneもLightning端子のみにしてスッキリさせるのでしょう。

余計な端子がないというのは、その分他のことにスペースを使えますからね。

薄さが正義の私にとっては大歓迎!

防水仕様になるかも?

SHI85_mizuninurashitemouta_TP_V

Appleが米国の特許機関に防水技術の特許をしたことから、iPhone 7が防水仕様になると囁かれています。

Apple Watchも実質防水性能を備えていますし、iPhoneに採用されるのも不思議ではありません。ティム・クック氏はApple Watchをつけたままシャワーを浴びていると言っていましたしね。

もし防水機能が採用されたら個人的には最強だと思います。

水濡れによる修理の心配がなくなりますからね!iPhoneの修理って地味に高いので…。

もし防水だったら気が向いたときに洗います。

スポンサーリンク

ワイヤレス充電機能搭載か?

waiyaresu

ワイヤレス充電機能もApple Watchではすでに採用されており、なんら驚くこともありません。

Lightningケーブルって断線しやすいですし、もしワイヤレス充電ができたらかなり便利になると思いますね。

昔、親がdocomoのおくだけ充電のAndoroidスマホを使っていました。使い勝手がよかったみたいなので、期待しています。

おくだけ充電は、Qi(チー)というワイヤレス給電の国際標準規格で、iPhone 7に搭載されるのも、Qiでしょう。

以前は国産スマホでも採用されていましたが最近は見ないような…。NexusシリーズはQiに対応しているものがありますね!

ところで、バッテリーの持ちはよくなるのでしょうか。

iPhone 7は薄型軽量化されることは間違いないでしょう。イヤホンジャックを廃止することにより、1mmは薄くなると言われています。

そうなると気になるのがバッテリーなのです。バッテリーを積むスペースも減ってしまうのではないかと思われます。

しかし、iPhone 7は3100mAhという大容量バッテリーを搭載するとのこと。ちなみにiPhone 6sは1715mAhです。

本当にそんな大きいものを搭載できるのか信じがたいのですが(笑)、実現されれば大したものですね。その分重量が増えないことを祈ります…。

もしくはCPUが劇的にパワーアップして超省電力を実現してくれたら嬉しいんですけどね(笑)。

カメラがすごいことになる

dualcamera

なんとiPhone 7はデュアルカメラになるそうです。

デュアルカメラとは、ふたつのレンズを搭載して高画質な写真を撮ることができるカメラです。最近では、ファーウェイのAndroidスマホに搭載され、かなりの高評価を受けています。

レンズがふたつあったら何が嬉しいかというと、まず、ブレが少なく明るく撮れるということ。ふたつのレンズで被写体を捉えることにより、ブレを補正してくれます。また、取り込める光の量も増えるので、暗所での撮影も綺麗に行えます。あと、繊細に撮れます。色味とか鮮やかさとか。

そして、何より大きなポイントは、背景をぼかせるという点です。

ちょっと専門的な話になりますが、ふたつのレンズの位相差を利用して、ボケを出すことができます。

つまり、一眼カメラ並の写真が手軽に撮れてしまうのです!これ、本当にすごいことですよ。

もちろん、一眼カメラの方が高画質高精細に撮れるでしょう。スマホのカメラに満足できず、一眼カメラを購入する人も増えてきた昨今(私もその一人)、デュアルカメラ搭載のスマホが普及したら一眼カメラの売り上げが落ち込むかもしれません。

正直スマホのカメラの進化には期待していませんでしたが、まさかレンズをふたつ搭載するという手法があったとは驚きです。個人的にはiPhone 7のカメラの進化が一番気になっています(笑)。

ところで、なぜデュアルカメラが搭載されると噂されているのかというと、昨年Appleは、イスラエルのカメラセンサー技術に優れた企業「LinX」を買収したからです。

このことから、Appleはカメラに本気で取り組んでいることがうかがえます。いいですね〜、私はすごく応援します(笑)。

しかも、デュアルカメラどころかオートフォーカスまで搭載するんじゃないか、なんて噂まであります。さすがにiPhone 7で搭載されるかわかりませんが、近い将来、カメラの性能が格段に進歩しそうです。

ただ、デュアルカメラ搭載によって、デザインがダサくなるんじゃないかと懸念しています。

iPhone 6sのように、カメラのレンズが飛び出た仕様になると考えらえます。ふたつも飛び出ちゃうとさすがに…。なんとか収めてもらえませんかね(笑)。

どのモデルを買う?

今回も、iPhone 7は4.7インチ、iPhone 7 Plusは5.5インチとディスプレイサイズの違う2種類が発売されると予想されています。

そして、これに加えて、5.5インチのiPhone 7 Proなるものが出るかもと噂されています。

確かに、iPhoneシリーズだけ「Pro」と名のつくモデルがないので、出る可能性はあります。しかし、未知数です。

iPhone 7 Plusが、Proシリーズになるかもしれませんし、新たにProシリーズを加えるかもしれません。

また、デュアルカメラを搭載するのは5.5インチのiPhoneのみとも言われています。搭載スペース的に、4.7インチの方は余裕がないのかもしれません。さらに、デュアルカメラの性能を引き出すために、メモリが3GBになるとも言われています。ちなみにiPhone 6のメモリは1GBで、iPhone 6sは2GBです。1GBでもサクサク動くのでOSが優秀だなあといつも思います。さすがにカメラの性能を上げるならメモリも上げざるを得ないようですね。

もしデュアルカメラがiPhone 7 Plusだけだった場合、私は間違いなくiPhone 7 Plusを買いますね!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ