iPhoneのSMS/MMSとiMessageって何が違うの?ポイントをご紹介!

iPhoneには、「メッセージ」というアプリがありますが、この中にSMS/MMSとiMessageという2種類の送受信方法があります。

特にユーザーが使い分ける操作があるわけではなく、自動で判別されるため、どういうときにSMS/MMSになってどういうときにiMessageになるのかわからない方も多いのではないでしょうか。

私も最初はさっぱりわかりませんでした。

というわけで、SMS/MMSとiMessageの違いについてまとめました。

スポンサーリンク

送信形式の基礎知識

メッセージには以下の2種類があります。

・SMS/MMS
・iMessage

SMS/MMSとは、電話番号やメールアドレスを宛先としてメッセージを送る方法です。SMSは電話番号、MMSはメールアドレスが宛先であることを意味します。iPhoneの表示上はSMS/MMSと一括りにされています。

送受信画面の上と入力ボックスにSMS/MMSと表示されます。また、送ったメッセージは緑色で表示されます。
写真 2016-07-04 19 17 32

iMessageも、電話番号やメールアドレスを宛先としているのですが、送信相手がiPhoneまたはiPadの場合、自動的にiMessageとして送信されます。iMessageはiPhoneなどのiOS端末専用の無料で送れるメッセージ形式です。

iMessageの宛先として使用できるものは、受信者のiPhoneの設定によります。

「設定」の中ほどにある「メッセージ」をタップしてください。
写真 2016-07-04 19 18 25

「iMessage」がオンになっていることを確認し、「送受信」をタップしてください。
写真 2016-07-04 19 21 25

ここで、iMessage着信用の連絡先情報を設定できます。電話番号は最初から設定されていますので、必要に応じてメールアドレスを追加するといいですね。
写真 2016-07-04 19 26 54

送信相手がiMessageをオンにしていれば、送受信画面の上と、入力ボックスにiMessageと表示されます。また、送ったメッセージは青色で表示されます。
写真 2016-07-04 19 22 55

基本的には宛先に電話番号を入れると、相手がiPhoneであればiMessage、iPhone以外ならSMSとなります。MMSを送りたい場合は、宛先にメールアドレスを入れます。

どの形式で送られるかは、入力ボックスに表示された文字で判断しましょう。

スポンサーリンク

自動判別される送信形式

宛先に電話番号を入れた場合の送信形式を図にまとめてみました。
スクリーンショット (15)

上図のように、iPhoneが勝手に判断して送信形式が決まります。

まず、相手がiPhoneやiPadなら、iMessageで送信されます。iMessageは無料ですが、SMSは他社に送信する場合、SMS送信料がかかります(1回3円くらい)。そのため、できることならiMessageかMMSで送った方がいいですね。

相手がiPhoneやiPadでない場合、SMSで送信されます。しかし、SMSは全角70文字までという制限があり、これ以上の文字数になると自動でMMSに切り替わります。ただし、相手のメールアドレスを知っておく必要があるため、もし知らない場合は送信できる形式がないためエラーとなります。

ちなみにiMessageは文字数制限なしで写真も送れます。電話番号宛でも制限なく送れるSMSの強化版といったところでしょうか。お得ですね。

ところで、softbankの場合は「@softbank.ne.jp」と「@i.softbank.jp」の2つのメールアドレスを持っていると思います。「メッセージ」アプリでは「@softbank.ne.jp」が使用されます。そのため、日常的に「メッセージ」アプリを使用していると思います。もしこちらから送信する場合には、電話番号宛に送信しているのか、メールアドレス宛に送信しているのか、確認するようにしましょう。

また、auの場合は「メッセージ」アプリを使うか、「メール」アプリを使うかを選択できます。間違えないように、「メール」アプリを使う方をおすすめします。

docomoの場合、「メッセージ」アプリでMMSが仕様上送れません。そのため、iMessageかSMSで送ることになります。iMessage以外で送るとSMS送信料がかかってしまうので注意しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ