ASUS Transformer 3 Proの発売日と価格は?スペックはSurface Pro 4を超える!

私の友達が「Transformer 3 Pro買うから!」と高らかに宣言していました。

何それ?と思って調べてみると、めちゃくちゃ面白い機種じゃないですか!

一目見た瞬間誰もがこう思うはず。

Surface Pro 4のパク・・・オマージュだ!と。

まだ発表されたばかりですので、詳細は明かされていないのですが、場合によっては私も買ってしまうかもしれません。

スポンサーリンク

スペック比較

見て下さいこの外観。Surface Pro 4そっくりです。名前もそっくりです。キックスタンドも無段階。

ではスペックを見てみましょう。Surface Pro 4と比較してみます。

ASUS Transformer 3 Pro
CPU:Core-i7-6500U、Core-i5-6200U
メモリ:最大16GB
ストレージ:SSD 128GB、256GB、512GB、1TB ※
ディスプレイ:12.6インチ (2880×1920ピクセル、275ppi)
サイズ:298.8×210.1×8.35mm (本体のみ)
重量:795g (本体のみ)
インターフェース:USB 3.0、USB-C 3.1 (Thunderbolt 3)、HDMI、microSD

Surface Pro 4
CPU:Core-i7-6650U、Core-i5-6300U
メモリ:4GB、8GB、16GB
ストレージ:SSD 128GB、256GB、512GB ※
ディスプレイ:12.3インチ (2736×1824ピクセル、267ppi)
サイズ:292.1×201.4×8.4mm (本体のみ)
重量:786g (本体のみ)
インターフェース:USB 3.0、MiniDisplayPort、microSD

※Transformer 3 ProはSSDが1TBまで用意されていますが、米国ではSurface Pro 4の1TBモデルが発売されました。日本発売も近いかも。

Thunderbolt 3が熱い!

スペックはほぼ同等、もはやSurface Pro 4を意識し過ぎているとしか思えません。

ただ1点、Transformer 3 Proが勝っているところがあります。

それは、Thunderbolt 3に対応していること。

Thunderbolt 3なんて何に使うんだい?と思っていましたが、実は強力な使い道があります。

その使い道というのが、デスクトップ向けのグラフィックカードを外付けするというものです。

グラフィックカードを外付けできると、高性能なグラフィックを必要とするゲームや、重たい動画編集のパフォーマンスが向上します。

ゲームや動画編集って、外ではやらないですよね。なので、外では普通のノートPCとして、家では高性能な動画編集マシンとして使うことができるのです。

もうこれ1台でいいじゃん!

ちなみにASUSは、Transformer 3 Proの発表と同時にROG XG Station 2というグラフィックカードを外付けできる製品も発表しました。ROG XG Station 2はタブレットPCやノートPCのThunderbolt 3端子で接続します。欲しい!

また、発表会ではスピーカーの音質の良さもアピールしていました。Surface Pro 4はそこまで音質にこだわっていないようで・・・。

徹底した対抗意識ですね。心配になるほどです(笑)。

スポンサーリンク

気になる重量とバッテリー駆動時間

Transformer 3 Proの重量はSurface Pro 4よりもわずかに重いですが、これは本体のみの比較です。

Surface Pro 4はタイプカバーを付けると約1080gになります。意外とタイプカバーって重いんですよね。

Transformer 3 Proの方はカバーキーボードと呼ぶようですが、これを付けたらどのくらいの重量になるのでしょうか。1100gを超えたら嫌だなあ。

また、バッテリー駆動時間がどれくらいなのかわかっていません。10時間は持ってほしいところ。

ただ、せっかくの2 in 1 PCなのですが、正直700gを超えるとタブレットとしては使いません。

軽いアピールをしていますが、確かにノートPCとして見れば軽いですが、タブレットとしては重いです。

ペンを使う人にとっては、タブレットスタイルになるのは嬉しいかもしれません。Transformer 3 Proにもペンが付いています。

最近、どうせタブレットとして使うのが重いんだったら、めちゃ軽いノートPCとiPadを2台持ちした方がよくない?と思い始めてきました。

タブレットとして使わないんだったら、もはや2 in 1 PCを選ぶ必要がありませんからね。

発売日と価格

発売日はまだ発表されていませが、ASUSは日本市場に力を入れているので、間違いなく日本でも出ます。

私は、日本発売は7月になるのでは、と予想しています。

というのも、MacBook Airに対抗意識むき出しのTransBook Chiシリーズは2015年2月に発表されて、3月に日本で発売されました。

今回も発表後1か月程度での発売を見込んでいます。

ちなみに私が使っているのもTransBook T90 Chiという小型軽量モデルです。
関連記事TransBook T90 Chiの開封レビュー!価格も手頃な最強のモバイルPCだ!

Transformer 3 Proの価格は999ドルからとなっています。日本円にすると11万円弱です。

Surface Pro 4はCore-m3モデルでも13万円以上します。それを考えると安いですね。

デザインも同じですし、スペックと価格を考えるとTransformer 3 Proの方が勝っている気がします。あとは重量だけ・・・。

海外では、日本でいうTransBookは、Transformer Bookという名称なので、Transformer 3 Proは日本ではTransBook 3 Proなど名前が変わるかもしれません。

※追記
日本発売決まりました。
TransBook 3 T303UAを評価!スペックと価格は高いのにバッテリーが短い!

Transformer 3も素敵

former3

発表会では、Transformer 3 Proよりもランクが下のモデルとして、Transformer 3も発表されました。

スペック
CPU:第7世代Core
厚さ:6.9mm
重量:695g
SSD:最大512GB
バッテリー駆動時間:9時間
インターフェース:Thunderbolt 3対応

スペックは上記のことしかわかっていません。

価格は799ドルから。日本円で9万円弱です。

薄くて軽いモデルになっています。

CPUは第7世代としか発表されていませんが、大々的に発表しないところを見ると、おそらくCore-m系を搭載するでしょう。価格も安いですしね。Surface 3のような位置づけですね。

写真ではスリーブキーボードが付けられていますが、カバーキーボードも使えるのか、など気になる点も残っています。

早く実機を触ってみたい!

日本発売が楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ