JR東海のWiFiを無料で使う方法!パスワードは不要です!

2020年に東京オリンピックが開催されることもあってか、全国で公衆無線LANの整備が進んでいます。

JR東海では、新幹線のぞみの停車駅を中心に無料でWiFiを利用できる場所が増えています。

駅構内だけでなく、改札付近のカフェなどでも利用できるため、旅行者にとって便利なWiFiです。

そんなJR東海の無料WiFiの使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

対応エリア

はっきりとした対応エリアは公表されていないようですが、利用できるか確認が取れたのは、新幹線のぞみの停車駅のコンコースと改札付近です。

東京
品川
新横浜
名古屋
京都
新大阪

このロゴが目印です。
centralwifi

東京駅では、八重洲中央口にあるドトールでも使えます。

接続方法

PC、スマホ、タブレット、どの端末でも利用できます。

まずは、使いたい端末からWiFiの一覧を表示させます。

iPhoneの場合、「設定」→「Wi-Fi」と進むとWiFi一覧が表示されます。
写真 2016-06-11 9 50 07

Windows 10 PCの場合、無線マークをクリックするとWiFi一覧が表示されます。
01

ここからはWindows 10 PCを例に説明します。iPhoneでも出てくる画面は同じなので、同様の手順で接続できます。

スポンサーリンク

WiFi一覧を表示させたら、「JR-Central FREE WiFi」を選択して接続します。すると、自動でブラウザが立ち上がり、以下のような画面が出てくるので、「Access the internet here.」をクリックします。
スクリーンショット (813)

画面が遷移します。英語で表示された場合は、右上の「日本語」をクリックすると日本語に切り替わります。「さっそく登録する」をクリックして次に進んでください。
スクリーンショット (815)

利用規約に同意して「次へ」をクリックします。
スクリーンショット (816)

メールアドレスを入力して、ユーザー登録を行います。ここで入力したメールアドレスは、単にユーザー登録のみに利用されるもので、メールが送られてくることはありません。
スクリーンショット (817)

一旦登録すれば、21日間は再登録なしで使い続けることができます。それ以降になると、登録情報が削除されるため、再登録が必要になります。

入力したメールアドレスが正しいことを確認して「登録」をクリックします。
スクリーンショット (818)

セキュリティレベルについての警告が表示されます。
スクリーンショット (819)

通信が暗号化されていないので危ないかもしれませんよ、自己責任でお願いしますね、という旨の内容が書かれています。ただ、重要な通信はブラウザ側で暗号化するので、必ずしも危険というわけではありません。JRに限らず、無料の公衆無線LANは全てこのような仕組みなので、危険性を理解して使うようにしましょう。会社の重要機密が入ったPCを接続するのは止めた方がいいかもしれませんね。

ちなみに私は個人PCでバリバリ利用しています(笑)

下の方へスクロールして「同意する」をクリックします。
スクリーンショット (820)

インターネットに接続されました。
スクリーンショット (821)

1回につき30分の利用が可能です。30分経ったら再接続すれば使えますので、繰り返し再接続を行えば何時間でも利用できます。パスワードも特に必要ないので、接続の手間はほとんどありません。

東京駅で使うならドトールがおすすめです。
東京駅のドトールは営業時間が長くてカード払いもできて超おすすめ!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ