iPadをiOS9にアップデートすればiPad Proはいらない?

iOS9がすごい進化をしていて驚きました。

これはiPad向けのOSと言っても過言ではないでしょう。

iPhoneをiOS9にしても、「メモ」や「マップ」などのプリインストールアプリの機能が強化されるくらいです。もちろん、処理能力も上がるとは思います。

しかし、iOS9の真価を発揮するのはiPadでの動作です。

超便利になったiPad版iOS9をご紹介します。

スポンサーリンク

Split View

Split Viewとは、画面を2分割して2つのアプリを同時に使用できる機能です。マルチタスクです!PCでは当たり前の機能ですが、これがiPadで出来るようになったのは非常に嬉しいです。作業効率が上がります。

○○しながら○○という組み合わせが無限大です。

Slide Over

Slide Overはアプリの起動中に別のアプリを端っこからスライドで呼び出して操作できる機能です。

Split Viewと違うのは、起動中のアプリの上に別のアプリを呼び出す点です。同時使用ではありません。

別のアプリの操作が終わったら、またスライドして片づけて、もともと起動していたアプリに戻ります。この間、もともと起動しているアプリはずっと起動状態なので、すぐに元の作業に戻れるのです。

ピクチャ・イン・ピクチャ

例えばビデオ再生中にホームボタンを押したとします。すると、ビデオが小さくなって右下にワイプとして残ります。

ビデオを見ながら他の作業ができるのです。

これはFaceTimeでも同様に右下に残ります。

スポンサーリンク

テキスト選択

iPadでテキスト選択するのって何気に面倒ですよね。

iOS9でこれが改善されました。

ディスプレイ上で2本の指をスライドさせることで、テキストの範囲選択ができるのです。

このジェスチャー機能はすごく役に立つと思います。

キーボードショートカット

Bluetoothキーボードを使用中に、キーボードショートカットを利用できます。

これまでも、全選択やコピー&ペーストなどができましたが、さらに強化されて、太字、斜体、その他いろいろなショートカットをキーボードから行うことができます。

中でも強力なのが、アプリの切り替えです。

どうしても作業中はいろいろなアプリを行き来するときがでてきます。そのたびに、ディスプレイをタッチしなければなりませんでした。

しかし、この切り替えがキーボードからできるようになったので、手を動かす範囲が小さくなり、作業効率が上がります。

iPadではマウスが使えないので、いかにキーボードだけで操作できるかにかかっています。

キーボードショートカットが増えたことは良いことです。

iPad Proは不要?

劇的な進化を遂げたiOS9ですが、実は、iPad Proに搭載されるのもiOS9です。

iPad Proでは専用のキーボードやペンが用意されますが、できることは普通のiPadと変わりません。

普通のiPadでも、Bluetoothキーボードが使えるわけですから、無理してiPad Proを買う必要はないように思えます。

Split Viewやキーボードショートカットを利用すれば、iPadでも作業効率が上がります。

どちらも同じiOS9を搭載するのですから、あとはどちらのデバイスを使うかは好みの問題と言えるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ