Windows 10の無償アップグレードはいつまで?慌てなくて大丈夫!

私はWindows 8.1を使っていますが、タスクバーに「Windows 10を入手する」というアイコンが出てきています。

しかも無償です。これはありがたい。最近のMicrosoftはオープンですね。

飛躍的な進化を遂げたと言われているWindows 10なので、早くアップグレードしたいのですが、出たばっかりでアップグレードするのは・・・と躊躇しています。

しかし、無償でアップグレードできるのは期間限定です。つい最近知りました(笑)。

急いでアップグレードしなくては!と思ったのですが、調べたところ、全然慌てなくて大丈夫でした。

スポンサーリンク

無償期間は1年間

Windows 10に無償でアップグレードできるのは、公開から1年間、2015年7月29日~2016年7月28日となっています。

意外と余裕があります。慌てなくても大丈夫です。

まずは不具合やバグなどがないか、世間の様子を見ながら落ち着いたところでアップグレードをすると良いでしょう。

私もしばらくは様子見です。

Windows 10に対応しているかチェック

Windows 10は、Windows 7、Windows 8/8.1から無償でアップグレードできるとしています。

しかし、対応しているOSを使っていたとしても、メーカーによってはハードが対応していないことがあります。

そしてやっかいなことに、対応していないハードにも「Winodows 10を入手する」アイコンが出てきてしまうのです。

まずはメーカーのホームページで確認しましょう。まあ、だいたい大丈夫だと思います。

ちなみに私が使っているASUSのTransBook T90 Chiはばっちり対応していました。

スポンサーリンク

アップグレードするにはまず予約

アップグレードをしたいと思ったときに、瞬時にアップグレードされるわけではありません。

まず、予約が必要なのです。

と言っても、タスクバーの「Windows 10を入手する」をクリックするだけ。

指示に従って進めていけば、予約完了です。

順次アップグレードの通知が届きます。自分の番が来るまで待っておかないといけないんですね。

通知が来たらアップグレードしましょう。予約してから通知が来るまでの日数はどのくらいなのか・・・それはわかりません(笑)。

とりあえず私はまだ様子見せず、多くの情報を得てから予約したいと思います。

追記
Windows 10にアップグレードしてみました!
関連記事Windows 10の評判は?アップグレードして感じたメリット!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ